メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

linaa

linaaの感想・評価

2.5
ジブリクイズ感(笑)
なのに心に残る美味しそうな食べ物がなかった!←
まあまあです。
ストーリー性も、最後の盛り上がりもあるんだけど、面白かったとまではいかないかな。

何かよくあるパターンだし、目新しさが感じられなかったかな。
まめら

まめらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 いろいろ思うところがあっても、かつてまともな子どもじゃなかったからメアリのキャラクターも許容できた。10歳くらいの子ならあんなもんでしょー、みたいな感じ……。自分は割と平気で嘘をついていたかもしれない(うろおぼえ)。子どもだからね。
 あと家庭環境のことがあるとはいえ、ピーターが逆に大人びすぎてて、セリフに「?」ってなった。完全に童心に返ってたね、ヤバい方向に。ピーターは立派。

★悪役の話
 ドクターとマダムがしてたことって確かに危ないことだったけど、目的は「みんなが魔法を使えるようになればいい」ってことで、「強力な魔法生物を作って地上と戦争する」とかではなかったわけだから、メアリにとっては「魔法はいらない」けれど彼らにとって「魔法はいらない」のかっていったらわからないよね、みたいな。
 ただよいことのためとはいえ、その過程で危なかったり人智が及ばなかったら踏み込むべきではないってことだろうし、若かりし大おばさまが言ってた大いなる力うんぬんかんぬんもきっとそういうことだし。
 深読みすればジブリ的な自然に干渉してはいけない、おごるな、みたいなメッセージにつながる?みたいな。
 でもまあ、そんなに悪い人ではない気がする、ただメアリとピーターを実験台にしようとしたときは「嘘よくない」ってなって、あそこがワルだった。
 完全悪ではないし、社会的に必要な実験の物語(実験しないと魔法世界で死人が出る)みたいなパターンでもない。そもそも国なのかもよくわからないしね。

 魔法大学はマッチョのイメージしかない。ランニングマシーン愉快、痩せそう。上級生は地上を攻めそう。
 まあメアリが夢の世界みたいなところに行って、心が成長するって話なんだろなーと。
 あとわかりやすいエンタメがその気分に合っていた。

・米林監督あるある?→登場人物が少ない?
たけむ

たけむの感想・評価

2.0
なんかめっちゃテンション下がった
説明長すぎ、伏線回収しな過ぎ、おっちょこちょいすぎるメアリにイライラして、魔法が使えはじめてマトモになったと思いきや「魔法なんて要らないわっ」って本質何も変わってないくせに(本質が変わるような描写もないくせに)生意気。
sisiciao

sisiciaoの感想・評価

2.5
この既視感をオマージュと有り難がる気になれないのは、自分が宮崎駿の指揮を懐かしむ懐古主義だからなのか?
メアリより短編アニメの毛虫のボロに心踊ったのも、宮崎駿と久石譲という色眼鏡のせいだろうか?

アニメ界の一時代を築いた宮崎駿が歳を取り、高畑勲が亡くなった今、
アニメーション映画も世代交代の時であり、新しいアニメ映画が出る度に過去の偉大な作品と比較しこき下ろすのはナンセンスである。
アニメ界の新時代を築いていく若きクリエイター達を批判し叩き潰す観客になるつもりはないが、
「メアリと魔女の花はツマラナイ」と言おうもんなら上記の様に解釈されてしまう傾向もどうかと思われる。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.8
2018.5.26 DVDで鑑賞。
ただいまイギリスでも公開中ですが近隣の映画館では上映が終わっているのでDVDで鑑賞する事に。

ジブリって制作部門が解散になってたんだ。興味がないし全然知らなかった。でもこのアニメはもうどこからどう見てもジブリ作品だよね。キャラのデザインから話の展開とかまで。
調べて見たらこのプロダクションにジブリのスタッフの80%が関わってるとか。

原作はイギリスらしい。確かに町並みもイギリスの田舎って感じだし、ただ翻訳した人(脚本を書いた人)は勉強してね。イギリス英語では「バカンス」なんて使わないよ。フランス語から派生したアメリカ英語です。こちらでは「ホリデー」って言うの。

アニメは面白かったですよ。これを酷評する意味が分からない。ハヤオが関わってないと見ないとか言うの人もいるのかね?

冒頭ではドジっ子アピールが凄かったのに、何故か途中からは普通の頑張る女の子になったのには残念だけどね。
あと冒頭の事件からの時間経過が分かりにくかった。メアリの時代まで何十年も経ってたなんて。まあ冒頭の謎の魔女の正体は何となくすぐに分かったけどね。
あと猫が今にも喋り出しそうで結局喋らなかった。「魔女の宅配便」のイメージを引きずってる?

とにかく児童小説が原作なので多くは望めませんし、大した内容でもないですがメアリが頑張る夢と冒険のファンタジーとして十分に楽しめました。


ハヤオは本職の声優を使うのを嫌ってたけど、この監督もその血は受け継いでるのかな?
神木隆之介と天海祐希は上手かったけど、ハヤオから離れたんだからこれからはプロの声優を使って欲しいなぁ。
燃え盛る火の中、巾着袋に花の種を持っている少女が空飛ぶ魚?に追われる…。

それから時はたち…大叔母様の家に引越してきたメアリは退屈な日々を過ごしていた。

メアリ(杉咲花)赤毛の縮毛がコンプレックスで何をやっても失敗ばかりの11歳の少女。

ピーター(神木隆之介)新聞配達をしている12歳の少年。

マダムマンブチューク(天海祐希)エンドア大学の校長。

ドクターデイ(小日向文世)エンドア大学の魔法科学者でいつもヤバめな実験をしていおりヘンテコな乗り物に乗っている。

ディブ(大谷育江)メアリと行動する黒猫。

ギブ(Lynn)ディブの恋人猫。

フラナガン(佐藤二朗)エンドア大学の箒小屋の管理人。何の種類かわからない動物の姿をしている。

他声出演→大竹しのぶ、渡辺えり、遠藤憲一、満島ひかり。

夜間飛行→7年に一度しか咲かない花。魔女の花と呼ばれている。ブルベリーのような見た目。

劇場で見て以来レンタルにて2度めの鑑賞。

スタジオジブリで沢山の作品に携わってきた米林宏昌監督作品、現在はスタジオジブリではなくてスタジオポノックに所属でジブリ作品じゃないのにジブリ作品にしか見えてこない程沢山のジブリ作品が脳裏に浮かび敬愛を感じたけど新しさってのは感じられなかった。アレ?このシーンあのシーンに似てるとかってのはあえて狙ってか?。

自然の緑とか、お家の可愛らしさっても好きな所でしたね。魔法ってだけあって映像的には、とても楽しめる。

森、箒、動物、呪文の神髄、実験、鏡、紙の蝶々も印象的。

ギブもディブもブサカワと言うか目つきが悪く猫らしいツンデレな表情で、わぁ〜可愛い!って感じではなかった。ディブのあの姿のが表情だろうか?可愛く感じてしまった。でも劇場で何かグッズ買いたい!と思いギブのポーチを買ってしまった。

人は欲にかられては、いけないなーってのと、ダメかもしれん!って思ってもとりあえず諦めずにやってみるって事が大事なのかなと思いました。

全体的には普通でした。
UMA

UMAの感想・評価

3.1
それなりに面白くて悪くないけどジブリでもう似たような話してない?感がある。あっさり敵倒しすぎ。女の子の成長物語としても千と千尋と比べてしまうと、、
ぽん

ぽんの感想・評価

2.5
.
2018🎬14
メアリと魔女の花
.
いっしょにかえろう
.
.
魔法の話。魔法はいつだって夢があるし、いつだってうまくいかないね。最初はメアリ自己中やば...ってなってて、途中から急に勇敢になるやんどうした...ってなってた(笑)魔法の話だと、いつも空飛ぶホウキ出てくるけど、現代でも"飛行機"っていうものがあるし、ふつうに飛行機が空飛ぶのってなんで?すごい!!ってなる。
声優が豪華で、杉咲花ちゃんは声が可愛すぎたな。神木くんは相変わらず神木くん神。知ってる人だと、その人のイメージで再生されるから、小日向さんとかそのまんま小日向さんだった(笑)個人的に満島ひかりが好き、超個人的。もっと満島ひかりを出してくれ。
やっぱり、ジブリのが奥ゆかしさというか、深さがあって、まだまだ日本のアニメ界は宮崎駿がトップを走っているなあ、と。
>|