メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

sksk

skskの感想・評価

-
TOHOシネマズ渋谷で観た。

ジブリだとおもって観たら大長編ドラえもんでした!みたいな映画。まっすぐこどもに向けてつくってるので、今後の方向性がうかがえる。

このレビューはネタバレを含みます

【魔女、ふたたび。】という【魔女の宅急便】を意識しまくったキャッチコピーからやる気まんまん!空から降ってきた少女で始まり、滅びの呪文で終わる【天空の城ラピュタ】を思い出さずにはいられない物語、【ハウルの動く城】っぽい光の表現や【崖の上のポニョ】っぽい水の表現など、スタジオジブリ作品(宮崎駿監督作品)への露骨なオマージュが盛り沢山で終始デジャヴに苛まれる一本…

確かに、誰でも一目でわかるような露骨なオマージュが連続する展開にジブリファンであればあるほど拒絶反応を示すのだと思いますが、【借りぐらしのアリエッティ】と【思い出のマーニー】を通して米林宏昌監督のスタジオジブリに対する愛憎を感じ取れるようになった私には、ラストで流れるあざといSEKAI NO OWARIの【RAIN】すら歌詞が意味深に感じられ、不覚にもウルウルしてしまいました!

メアリ=米林宏昌監督、エンドア大学=スタジオジブリ、魔法=高度なアニメーション技術、魔女の花【夜間飛行】=スタジオジブリの持つ高度なアニメーション技術の真髄と頭に入れて鑑賞すれば、メアリのセリフに隠されていた米林宏昌監督のスタジオジブリへの愛憎を感じ取れると思います!
特に、ラストの「(【夜間飛行】は)私にはもう必要ないの!」から「魔法が使えるの これが最後だから!」の流れからは、本作でスタジオジブリというブランドを使い切り、スタジオポノックのクリエーターとしてやっていく米林宏昌監督の覚悟を感じました!

作品だけで評価するのもいいけれど、作品の背景も含めて評価しないと作品に込められたメッセージが読み取りづらい作品もあると思います!
変身魔法の実験台にされて暴走した生徒が示すものは宮崎駿の後継者から離脱した細田守なのか?宮崎吾朗なのか?メアリの赤毛コンプレックスが示すものは米林宏昌監督の禿げコンプレックスなのか?
私はどこまでも深く潜り続ける…
少し期待をしすぎた。魔法×ジブリ関係で面白くないはずないと思ったましたがなんせキャラが全員弱く、映画に気持ちも入らなかったです。
魔法が好きで、期待してしまっていた分、少しスコアは下げますが、面白かったです。
でも、もう少しお互いの世界が平和に幸せな世界で終わって良かったのでは??と感じました。
でなければ、永遠にこのお話が世代を変えながらループする魔法の力とか…
主人公だけの目線で描かれた中途半端なオチだなと思ってしまった。
『メアリと魔女の花』
ken

kenの感想・評価

3.4
最初のシーン好き。
なんかいろいろとあっさりしてる。
いちご

いちごの感想・評価

3.0
ジブリと比べるとこの点数、、ストーリーとしては○リー○ッターに所々似てる所があるかな
ゆ

ゆの感想・評価

2.5
20181112
自宅 MaiA先生と

クライマックスのもっていきかたが面白かった。
夜間飛行の花の数でジオマンシー。
ごぜん

ごぜんの感想・評価

3.0
ジブリってかんじ
はな子

はな子の感想・評価

4.4
魔法とか魔女とか最高なんだよなあ
>|