メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

ジブリ出身のためジブリらしさがいいところであり、だけど裏切って欲しかったところもある。
神木くんの安定感はさすが。
とり

とりの感想・評価

3.5
素直に楽しめた。日常から異世界へのファンタジーはとても好き。
次回作に期待します。

▽きろく
yuuco1113i

yuuco1113iの感想・評価

2.7
前半がとにかく長い。。。
Storyとしては良いと思うが、
もうちょっと後半をしっかり詰め込んでほしかった✨
ポニョっぽいジブリです🙆
正直ラピュタほか、今までのスタジオ・ジブリの作品の二番煎じの感、強し。ポノックの次回作に期待。
映像が好きです
パクリだの言われてますが
ジブリの系統を組みつつも新しさを感じました
wasavi

wasaviの感想・評価

2.2

ジブリで築き上げてきた技術を継承していかないといけないとプロデューサーの西村さんは言ってたし、たしかに使われるCGとかキャラクターデザインにその志は見えたんだけど、どうしてもジブリにあって、ポノックにないものが2つあってそれがそのままこの作品の大きな欠点になってしまってる。それが世界観の「広がり」と「説得力」。

まず、世界観に「広がり」を持たない大きな原因が、昔話とかイソップ童話みたいに登場人物が必要最低限しかおらず、解釈の発展性を許さない作りであること。
それが教訓譚っぽいというか監督のメッセージがむき出しになってて、悪くいうとすごく説教がましく感じちゃうんだよね。

もう一つの「説得力」に関しては、モデルとなる世界観が感じられないことに原因がある。
今までのジブリは独創的な世界を描いてるようで、必ずモデルとなる世界がどこかしらに実在してて、ロケハンするなり写真集を集めるなりして、実在の世界観を再構築していた。その再構築により、独自の世界観であるようで、その街並みに人々の生活や文化、歴史を感じさせ、その自然に土地の季節や気候を与えてきた。
しかし、この『メアリ…』にはそれがまったく感じられず、今回描かれていた魔法学校も独創性には溢れていたが、実際に学生がそこで学び、生活が営まれているような説得力が感じられず、その画面に描かれる情報量に反してなんだか薄っぺらいものに思えて仕方なかった。

ちなみに、良かったなぁと思えた点が1つ。動物がよく動いててそこのアニメーションに関しては迫力があって凄かった。特に予告編にも使われてた動物たちが一気にドアから溢れ出て来るシーンは見応えがあった。
さや

さやの感想・評価

1.5
2017/8(日忘れ)
言葉は悪いが胸くそ悪いな!と思った
yuuuko

yuuukoの感想・評価

1.7

このレビューはネタバレを含みます

主人公のメアリに共感できず終始イライラしっぱなしだった。
この年頃の子なら仕方ないことなのかもしれないけれど、
・褒められて調子に乗り、嘘を重ね続ける
・自分の身を守るために出会ったばかりのピーターの住所を渡す
・偽物を用意せず正直に花を用意して持っていく
……などなど目に余る言動が多く見られ、めちゃくちゃモヤモヤした。
一方メアリのお陰でピーター君が際立っていい子に見えた。
序盤ではただのやんちゃな意地悪を言う少年かと思わせておいて、
・明らかにメアリのせいで危険な目に合わされているのに攫われても許す
・二人で逃げれないと分かったらメアリだけを逃がしてあげる
…というように、器の広さが半端じゃなかった。
それから映像は美しかった。
特に初めてメアリが夜間飛行に触れるシーン。背景が全部手描きと聞き、それにもびっくりした。
それでもメアリへのイラつきと話の単純さが目立っていたのでこの点数で。
movishio

movishioの感想・評価

2.5
期待した分、すこし残念な映画だった。
ジブリの世界観は変わらず、ヨーロッパ調の景色はとても可愛かった。
ただ、魔女宅やトトロ、あの頃のジブリが恋しくなった。
パ行

パ行の感想・評価

-
ジブリオブジブリ
ジブリじゃなくてもジブリを作って継承していくんだって強いメッセージを感じた
頑張ってほしい