メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

すごくキラキラしてて楽しかった
かわいかった
ポンポン進んでいってわかりやすいけど、ためてくれてもよいのかもしれないと思うところもあった
でも思い返してみればストーリーは好きだな!
miki0515

miki0515の感想・評価

3.8
やっぱりジブリの世界観が大好き。
みたろ

みたろの感想・評価

3.5
記録用44
前知識は大作(?)アニメ映画でジブリではない事のみ。
アニメならではの背景美術の美しさやアクションがあるので大丈夫だろうという思いを裏切る結果に。

冴えない少女の成長を描く冒険譚のように展開と言えば聞こえが良いが、数々のキャラ・建造物・アクション等ジブリ作品を想起させる描写多数が気になって集中できない。
アニメならではの迫力とスピード感があり引き込まれる場面もあるのだがカット割りが悪く続かない。

現代的な社会メッセージを孕んでおりテーマとしては悪くない。
ヒロインの設定は、宮崎アニメの特権階級が多い主人公の対抗だろう。
良く考えると共感しやすい面もあるように感じる。

アニメならではの自然の背景美術の美しさは好感。
そこそこヒットはしているので、次作に期待したい。
ユウコ

ユウコの感想・評価

3.5
子供も純粋に楽しめる作品、退屈しない2時間。
なんとなくハウルとラピュタが観たくなった。アリエッティより好き。
さわこ

さわこの感想・評価

3.0
鑑賞記録
雄暉

雄暉の感想・評価

3.9
安定のクオリティ。
小さい子供までしっかりとわかるようにそこまで難しい内容じゃなかったからさらっと見られる。
雰囲気とかはいいけど。わざわざ見る必要がある映画とは言えない。ハリーポッター見ればいいじゃん。声優も酷いよ。
Konomi

Konomiの感想・評価

-
最初の30分くらい寝てしまった。心が汚いので純粋には楽しめなかったけど 隣の席に座ってた小学生の男の子が楽しそうに観ててなんか良かった。