メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

古い少女漫画に出てきそうなおっちょこちょいヒロイン的な主人公メアリ。
古い少女漫画に出てきそうな主人公と男友達との出会い方。
古い少女漫画に出てきそうな主人公と動物たちの触れ合い。
新鮮さも今っぽさもまったくない。
でも、声優が豪華で、ストーリーが単純だからあっという間に観終わる。
フラナガンさんがとにかくいい奴。
Sumito

Sumitoの感想・評価

3.6
マーニーの時も思ったけどみんなの評価なかなか厳しいなぁ
たしかにこうしてももっと良さそうなのに、とかもあったけど、全体を通してのテーマだったり今風なテイストを入れようと頑張ってるのが好感が持てて割と好き。
オカミ

オカミの感想・評価

3.8
違うのかもしれないけど、これってあの(ジブリ)作品のやつ!?って考えられて楽しかった。
優男

優男の感想・評価

3.8
米林宏昌監督の作品を初めて鑑賞しましたが、面白かったと思います👍
正直ジブリは宮崎駿監督だけでしょ、とか思っていました。
メアリは子供向けではありましたが、大人が観ても感動出来ました!
魔法を使えるようになった理由も才能とか天才とかそういう理由ではなかったのも個人的には良かったです!
歌も結構合ってました!
世界観も、画風も、音楽も大好き!

ただ、よく言えばちゃんとまとまった、悪く言えばこぢんまりした感じが残念でした。
冒険せず堅い構成を選んだんだなーって思えちゃって、ちょっと穴があっても何か一つのテーマに突き抜けてる方が個人的には好みです。

メアリとピーターの変化や絆、
赤毛の魔女の過去、
悪役の野望、
魔法の意味…
どのテーマももっと深掘りしたら更に魅力的なストーリーになりそうで惜しいなあ…と思ってしまいました。

主題歌も素敵だなぁと思っていたので、ストーリーがもっと盛り上がってたらエンディング流れた時にすごく感動してただろうなぁ…



一瞬、画が綺麗すぎて「えっ急に実写差し込んだ?」って思うシーンがありました。
oden

odenの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

割りと良かったっす。確かに不満もあるっちゃあるけど。
 良かった点は世界観と描写が良かった。この辺にすごく力を入れてる。確かにジブリっぽさはあった。特に廃れた街並みとか、魔法学校の世界観とかはジブリっぽい。けども、元ジブリの人が作ったのなら仕方がないし、そこまで気にするようなことでもないかなぁ。と感じた
 特に気に入ったのがおばあちゃんの正体。オープニングのシーン見ていつか花を盗んだ人出てくるやろなぁ。って思ってたらまさかのばあちゃん。こういう展開好きなもんで、それだけでも鳥肌なのに正体がわかるシーンはメアリがピーター助けに行くっていう決断のシーンでもあるから、うぉぉぉ。となった。
 一方で不満点としてはピーターのしゃべり方が…。不自然すぎる。最初出てきたときには、あれ、この映画ハズレかな。と感じてしまうぐらい受け付けんかった。すごい取ってつけたようなセリフで、聞いていて違和感マックス。言うてもそんな出てこうへんから我慢できる程度やけど。
 不満というほどでもないけれど、気になった点は人間関係の描写。メアリとピーターの関係は最後まで結局知り合い程度で終わってる気がする。世界観の描写に力が入ってるうえに、ストーリー上途中でメアリとピーターが仲良くなるシーンがはさみにくいのなら、最初20分仲良くなるシーンでも入れればええのに。そうすればメアリが助けるのを決断するシーンがもっと映えるのに。
 あと、夜間飛行ていうネーミングセンス好きやで。
ジブリを見て育ったなら「魔女、ふたたび」のキャッチコピーだけでも見たくなる作品。そしてファンタジー好きにはたまらない作品だった。


スタジオジブリとの差別化も特にしてないのでジブリ作品と勘違いされても仕方ない。


内容は子供にも分かりやすく、大人でも満足するほどの迫力があってとても楽しめた。


作品に合った主題歌を聞いて締めくくるのはとても良くて、劇場公開時は爽快に帰ることができた。
ジブリ感を色んなところから感じるし、ファンタジー感もあって、メッセージ性も伝わってきて。
でもなんだろう。
見終わったときに、じーんとくる感じが薄かった。
きっと、話の展開自体は悪くないのだけれど、問題のスケールの大きさや見せ方がややこじんまりしすぎたのかなという感じ。
逆に言えば、気軽にあっさり観れるとも言える!
ジブリっぽいからこそ、比較されてしまってもったいないなぁと感じた。
アル

アルの感想・評価

3.2
本当に絵のタッチや世界観から、ジブリらしさを感じる作品でした。
色々なシーンで、ジブリ作品のオマージュが感じられます。

スルスル物語が進んでいき、良い意味で軽く楽しめる作品だったと思います。
Nancy

Nancyの感想・評価

2.0
宮崎駿さん戻って着て欲しい。
これはジブリじゃなくてスタジオエポックだけど、ほぼジブリ。ジブリのいいところを抜き去った感じ。
内容が薄かった。