メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価 - 351ページ目

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

好き。
あれこれ盛り込まずに路線を集約していていい。
余計な設定を紹介しない辺りに監督らの性格が表れているのだろうか。
見せパンにした事が好印象。
子どもがひとつの題材。
ルパンぽさを感じた。
も

もの感想・評価

2.0
あるシーンにSEKAI NO OWARIのピエロ、DJ LOVEが隠れていました
きの

きのの感想・評価

2.7
アドベンチャー要素多めの子供向け映画かな
劇中の音楽が良かったのと、ど頭はわくわくしてグッと持ってかれた感はあった。
しかし… ザ普通
でも魔法っていいよね〜
takuji

takujiの感想・評価

2.5
試写会が当たったので観に行ったが子ども向けなのできつかった。
ジブリ作品のあれやこれやをつなぎ合わせた感じ。
教訓的なものが何もなくいったい何だったんだろう。
masaki

masakiの感想・評価

3.8
ジブリっぽいけど、ちょっと違う・・・と初めは気になっていたが、
途中からぐっと引き込まれて、いい作品になっていく。
結構面白い。
けいと

けいとの感想・評価

4.0
toho試写会にて一足先に見てきました
大人から子供まで幅広く楽しめる作品だと思う(?)けどまぁ子供向け
絵がめちゃくちゃ綺麗☁️涙がジブリ
ご飯もめちゃくちゃ美味しそう(笑)
夜ご飯食べずに見たからめちゃくちゃ飯テロ
セカオワの主題歌もぴったり
メアリとピーターかわいい😍
猫も可愛い🐈
ザ・王道

語彙力が無いからまともな感想書けないです
EDM

EDMの感想・評価

3.8
ストーリー、キャラクター、映像表現、色んなジブリ映画の要素が詰まっていて既視感の連続だが、決してジブリでは無い。明確に違いがあり、そこの挑戦に感心。このオリジナリティの部分が今後どう進化するか。ポノックの自作が楽しみです。
SAMAZON

SAMAZONの感想・評価

3.0
どうしても他のジブリの作品を思い出してしまう…
最後まで明るくて、不安になる感じは無かった。
キャストが豪華だからこのメンツで何かドラマやってほしいくらい。
よしむ

よしむの感想・評価

2.5
圧倒的既視感。

主題歌、映画の内容に合わせてほしかった。ファンタジーはセカオワの得意分野でしょ
乃子

乃子の感想・評価

3.7
予告編通りの超王道ファンタジー。

試写会鑑賞。
果てしなくジブリっぽいんだけど、監督がジブリっぽさとオリジナリティを折衷させようと模索しているのが伝わりました。
短い時間でストーリーも分かりやすく(そもそも子供向けだしね)、不思議なキャラデザ(特に◯◯の生物達)もキモ可愛くて良いと思いました。
声の演技は多少気になる点はありつつも基本的には悪くない出来…ですが、その中でも天海祐希が頭一つ、いや二つ三つ抜き出て上手かったです。
ちなみに佐藤二朗がどこまでも佐藤二朗で、急に「ヨシヒコよ〜!」って言いだしてもおかしくないレベルで佐藤二朗だった。

パンチは足りないけれど、良くも悪くも大衆向けの「普通に面白い」作品に仕上がっています。
監督にこれからも頑張って欲しい!という気持ちを込めて、この点数とさせて頂きます。