いぬやしきの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

薫

薫の感想・評価

4.2
終盤のある事を繰り返す展開だけは、うむ…と思ったけど、それ以外はテンポも良く楽しめた。
佐藤健の肉体と木梨憲武の肉体、どちらを見たいかと言われたら佐藤健なんだけどそれは別に正義ではない。
では何が正義なのかという言われたら、大衆に受け入れられる方とでも言うのか。
アクションもCGもよかった。ただまとまりはあっても詰め込みました感と雑な感じは受ける。
佐藤健の転がり方は最高だった。木梨憲武の世のお父さんの悲哀感がとても辛かった。人生こんなものばかりではないけどどちらかには少し傾いて子供の身勝手さも親としての矜恃も社会人としての確立も強い力を持った時の万能感も、全部わかるのがリアル。
健と奏多のキャラの関係性が良い〜〜
wtnbrn

wtnbrnの感想・評価

3.9
原作見てないけど、好きな世界観!
佐藤健が結構良かった。バン!
shmdydi

shmdydiの感想・評価

3.1
Amazon prime/原作未読。

正直期待していなかった分、面白かった気がする。
nana

nanaの感想・評価

3.5
のりさんがおじさんだった。
kizaist

kizaistの感想・評価

3.0
弱点が
味噌汁だけに
塩がミソ

…凡人。(´д`|||)

原作入り口派として、多少のエピソード端折りはやむを得ないものの、やはりヤクザとの抗争→VーMAX発動→レーザー無双の下りは残してほしかった…😢

佐藤くんの冷徹ぶりは良かったかな。
Kana

Kanaの感想・評価

2.0
突然普通の人生を奪われた若者と老人、それぞれの選ぶ道とは…?
ガンツの作者が描いたSFバトル漫画の映画化、だけど半分コメディ。
お話としてはそんなに深いものではないので完全にエンターテイメントだったけど、原作のなんとも言えない間とかをなかなかうまく表現していたのが悪くなかったです。
役者さんのチョイスが良かったのかな。
ただ一通りのエピソードを入れるためにかなり駆け足だったかなぁとは。
結構変えている展開もあったので、その分削っても良かったんじゃないかと思うのが、最初の流れとか、父とのシーンとか、彼女との絡みとかかな。
不幸で挙動不審な二階堂ふみも可愛いかったけど…!
無敵感が亜人思わせるけど、今回は悪役ってことで、佐藤健くんの新境地。
変身してガチガチのロボット出てくるのも迫力あったけど、サイバーテロリストもビックリのネット民の瞬殺。
バンって口で言って殺しちゃうのだけは何だかちょっとチープな感じがしちゃう。
わた

わたの感想・評価

3.5
ヤクザ目潰し光線やってほしかったな。
>|