いぬやしきの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

佐藤健がBANBANする映画。

もはやおなじみになった佐藤信介監督による漫画の実写化。

かなりあたり外れが激しい印象だけど、本作はまあまあ良かった。

家族にも忌み嫌われ、仕事もできず、老い先も短い初老の男が、ひょんなことから宇宙人に改造され超サイボーグになり、その力を人のために使うことの喜びを覚える。
そしてもう一人のサイボーグであるイカれたマザコン高校生との対決が描かれる。

冒頭からの主人公の絶望とか、中盤の壊れていく獅子神とか、演出がうまく機能してたと思う。
終盤のアクションもなかなかよかったし、獅子神は獅子神でかわいそうで、切なかった。

てか佐藤健はいつまで高校生役をやるのか。
うみ

うみの感想・評価

3.7
漫画もアニメも観てたからよかったと思います
獅子神の行動の意図が理解できない。
映像はよかった。
moon

moonの感想・評価

3.5
記憶
アニメ版が好きでずっと観ていたから、実写版が何処まで頑張れるのかと半信半疑で観に行った作品。

スピード感やアクションは素晴らしかった!
決められた尺で纏める為には多少の端折りや改編は必要不可欠な要素だと思うけど、
アニメや原作で感動する部分が大きく違うのは残念過ぎた^^;

佐藤健の身体力の高さは相変わらずで、表情の冷たさも良かった。
ノリさんも頑張ってたと思うけど、アニメの声を担当していた"小日向文世"さんじゃダメだったのか?
イメージはピッタリだったと思うけどね(笑)

でも、MAN WITH A MISSION「Take Me Under」が主題歌って言うのはスピード感も合ってイメージ通りの曲で良かった😄

総体的には楽しめたと思う。
赤富士

赤富士の感想・評価

3.5
面白かった。
CGも違和感無く見れた。
話の流れも良く、のめり込めた。
なぜか、悪であるはずの獅子神に同情心がわいて、犬屋敷より、獅子神の方が主役のように感じた。
のりさんダサかっこよすぎてステキ
じじぃ頑張れ!
想像してたよりずっとよかった。
新宿を飛び回り戦うシーンなんて、日本でもアイアンマン撮れるじゃんと思えた。

役者はみんな下手。演出が悪いんだなきっと。技術がいくら進歩しても日本映画の土壌が悪すぎる。
光一

光一の感想・評価

3.3
ある日、人間を遥かに超越する機械になった二人が、それぞれ「悪」と「善」に突き進んでいく物語!!

こんなに観ているのが辛い映画だとは思わなかった。全体的にずっと悲しい感じ、報われない感じでストーリーが進む分、最後にもっと「爽快さ」が欲しかったです。

でも、いじめる人、ネットで叩く人、容疑者の家族を責めるメディア、すぐに災害現場にヘリ飛ばすメディア、スマホばっかり観ている人…etc。みんなバキバキに殺されるのは、僕たちの社会に対する1つのメッセージだなと思いました。

ストーリー点3
監督点2
役者点4
映像音楽点5
印象点4
エモーショナル点2
追加点×
総合点3.3

ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算
アニメいぬやしき見て、最後感動して実写めっっっちゃ楽しみにしてたのにラスト違うんや…(T-T)言っといてくれよ…(笑)
あのラストが好きなんだよ…

でもそれ以外は文句なし!!
実写とて侮るな!!すごかった!
ストーリーはやっぱ二時間にまとめなあかんから仕方ないよね!
でもラストが…アニメとか見てなかったらよかったんかも!
そして佐藤健体いいね!(笑)