遥美沙樹

いぬやしきの遥美沙樹のレビュー・感想・評価

いぬやしき(2018年製作の映画)
3.9
とにかくこれを表現するためには尺が全く足りなかったね!が感想。本を取ればは田島光二デザインが発揮できず、エンターテイメント性を取れば本が端折られる。監督、大変だったねと同情に値する。しかし演出も演者もよく頑張った作品と思う。木梨憲武という役者の可能性が果てしなく見えたし、本田奏多の使い方、二階堂ふみの使い方、素晴らしかった。だがしかし、いつも思う。この作品に限ったことじゃないけれど、佐藤健は絶望を演じさせると本当に下手。すべてを失ったことがないからだと思うけれど、どこか乾いてる、それが伝わってしまう。そこだけが残念。にしても日本が誇るVFXチームの未来を期待せずには居られない。