MOON

いぬやしきのMOONのレビュー・感想・評価

いぬやしき(2018年製作の映画)
3.2
予告につられて観て来ました。異星人に遭遇し機械の身体にされてしまった高校生とおじさんが悪と正義として闘う…という いかにもなストーリーでしたが 何も考えずぼんやり観る分には楽しめました。CGの技術は進化してるし(もちろんまだショボさもあるけど)スピード感とか迫力もなかなか。アクションは同系統の亜人の方が良かったけど。

でもヒーローがおじさんだからなのか、いまいち爽快感には欠けたかな(^_^;) ラスト決戦もダラダラと長かったし勝敗の決め手もよく分からない。家族を守るための強さとか言いたいんだろうなぁとは思ったけれども残念ながら泣けるとかはなかったなぁ。年頃の娘が父親に抱く嫌悪感みたいなものだけは妙にリアルだったけれども。

というか悪に振り切った佐藤健が最高すぎて、きっとそっちを応援してしまってたというのが正直なところなのかもしれないです(笑) 最初の無差別殺人はダメだろと思うけどネット民への憎悪は分からなくない感覚はあったかなぁ。悪と正義の境目が分からなくなるような。

血が通ってないような冷酷な目をした佐藤健くん すっごく良かった。パーソナルイメージ的には佐藤健と本郷奏多の配役が逆かな?という感じはあるんだけど、いやいや。両者ともハマっていました。それが観られただけでも価値ありました。

悪役の佐藤健くん。これからも観てみたいです。