いぬやしきの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

HIRYU

HIRYUの感想・評価

3.5
ノリさん役に合ってた!かっこいいです!
yukorin

yukorinの感想・評価

3.8
木梨憲武ノリさんのCG男優!

いやいやいやいや
びっくりした!!!!

じれったくてじれったくて

とことんまでタケルくんが悪役
とことんまでノリさんやられるので
見ていてクタクタ、、、💦

スパイダーマンにも負けない
サラリーマンおじさんに勇気をくれる

初心者スーパーヒーローであり
ハートフルな

ネットの無責任書き込みヤローにも
一言ものを申していて

家族とは何か
いぬやしき、とは何か

ちゃーんと考えるきっかけをくれる。


もう少し流行っても良かったのにな。
なんでだろうな、、、
ある日謎の光(UFO?)に包まれてから、機械の体を手に入れた母子家庭の高校生と、会社と家族の両方からも疎ましがられる余命3か月のサラリーマンが、スーパーパワーを、片方が悪に、片方は人を助けることに使い、最後に戦うお話。

漫画原作のせいか、かなりはしょりすぎてて、なぜこの二人が機械化されたのかとかまったく説明なし。
まあ、知らなくても話の筋には入ってこないので、どうでもいいのかもしれませんが。。

そして、母思いの高校生(佐藤健)が、世間の冷たさに切れていく過程が希薄で、イマイチ感情移入しにくい。
必要最低限の人を殺せばいいだけの話なのに、どうして無差別に殺せるようになるのか?

同じクラスの人間が大量殺人して世間をにぎわせてたり、クラスメートが巻き込まれて死んでるのに、都庁の見学とか普通、行かないでしょう。

どうも行われてることの残虐さと、それ以外の人たち行動にリアリティがなさ過ぎて、そういうところばかりが気になってしまった。

主人公のおじさん、いぬやしきさんも、気が弱すぎて観ててイライラするしなあ。
スッキリも、心温まりもしない。

CGもそれほどって感じなので(ハリウッド大作と比べると…)、うーん。。

木梨憲武は、この役ぴったりだと思いましたね。
佐藤健はちょっと高校生に見えない雰囲気でしたが。
斉藤由貴のお母さん、このくらいの子供がいてもいい年齢だったの忘れるくらいです。お姉さんみたい。
木梨さんがイイ味出してた。
佐藤健は冷徹イケメン役がハマり過ぎる。
まめ助

まめ助の感想・評価

2.8
漫画は知らないけど、なかなか面白かった。
ツタヤ

ツタヤの感想・評価

2.8
PCやスマホの画面を通してのバンは初めて見る設定で面白く見れました。ただ、木梨憲武演じるお父さんに家族が異常に冷たかったり、58歳という年齢で住宅ローンが組めたりと細かな生活設定が現実的でないのでお話全体が嘘っぽく感じてしまい乗り切れない。

新宿上空を飛翔する見せ場となるはずのバトルもCGの粗さが目立ちあまり盛り上がらないのが残念でした。どうしてもアイアンマンの劣化版なバトルに見えてしまう…アイアンマンのスタッフでハリウッドリメイクしたら凄い作品になりそうですけどね。(笑)

また、エンドクレジットでのおまけも蛇足に感じました。ヒットしたら続編も!?という製作陣の打算的なところが透けて見えてしまう。

一方で主演二人の演技はよかったと思います。木梨憲武は老け役、佐藤健は悪役(高校生にはまるで見えませんけど)とそれぞれ新境地となる役柄を嬉々として演じています。身体作りも完璧でした。佐藤健って性格悪そうな顔してるから悪役が似合いますね。(褒めてる)
K

Kの感想・評価

3.4
明るくはない作品。

誰でも守りたい人がいればもうそれはヒーローなんじゃないかな。

佐藤健は悪役でも嫌いになれません。w
うか

うかの感想・評価

3.5
新宿の戦闘シーンすごかった〜、実写でもここまでやってくれれば満足すぎる。

本郷くんと佐藤健の配役、逆だと思ってた、でもよかった。