いぬやしきの作品情報・感想・評価

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人…

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。強大な力を手に入れた二人が、いま、それぞれの想いで動き出す———。

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

とにかくこれを表現するためには尺が全く足りなかったね!が感想。本を取ればは田島光二デザインが発揮できず、エンターテイメント性を取れば本が端折られる。監督、大変だったねと同情に値する。しかし演出も演者もよく頑張った作品と思う。木梨憲武という役者の可能性が果てしなく見えたし、本田奏多の使い方、二階堂ふみの使い方、素晴らしかった。だがしかし、いつも思う。この作品に限ったことじゃないけれど、佐藤健は絶望を演じさせると本当に下手。すべてを失ったことがないからだと思うけれど、どこか乾いてる、それが伝わってしまう。そこだけが残念。にしても日本が誇るVFXチームの未来を期待せずには居られない。
トロロ

トロロの感想・評価

4.0
健ちゃんかっこいい。半目みたいな表情なのにかっこいい。素晴らしい。
序盤のお父さんがバカにされ続けるの見てると寂しい気持ちに😞
ガンツの西くんから大好きなかなたん。今回は狂気役をたけるんに譲ってましたけど、殺されないでよかった!!
そもそも何であんな体にとか、大気圏まで行ってるとかツッコミどころは数あれど、健ちゃんかっこいいので、まぁいっかという気分に。制服ほんと似合う。口元を隠す長い襟?も最高だぜ。

散々何の関係もない人たちを殺した割には、本丸である父親の今の家族は殺しませんでしたね。機会を逃しただけ?
続編あるのかな。原作はどうなってるんだろう。
健があまりにも見ろ見ろって頼んでくるからしょーがなくみてやったぜ。(公式ライン)
えってかまじで世の中のおなごはみんな健の公式ライン追加したほうがいいよまじで、
彼氏感むちゃくちゃやばいよ??「おはよー、週末予定あるの?映画行く?」みたいな感じできゅんきゅんさせておきながらそっといぬやしきの予告載せてナチュラルに宣伝してくっからまじで。健あなどれん。まんまとみちゃってしまっちゃったじゃないかまじで
そして当たり前に演技がうまい、目での演技が素晴らしかったっす、元の内容あんまり知らなかったからか普通に楽しんじゃったし、結構ばんばか殺すからビクビクしちゃってました終始、そーゆーの苦手な人は苦手かもね
私本郷カナタきゅんらぶで彼の自作スタンプ買っちゃってるくらいだからカナタきゅんらぶ♡♡♡ってなりましたオススメだようさぎエンドレスってスタンプきりんアドバイザーとかも面白いよ
とにかく健を追加してかなたスタンプを購入するのだ!!ってレビューでしたちゃんちゃん
おもしろかったです。
お父さん、頑張った👍
佐藤健、二階堂ふみ最後の高校生役かな?
本郷君は相変わらず良かった!
【アイアムアヒーロー】の後の【デスノート】の件があって若干舐めてました!
【インフィニティウォー】と公開が近かったのもあって不利っちゃ不利なタイミングではあったけど、単体で観てもこれだけ引けを取らないヒーローアクションが日本でも出来るんだと。それに胸熱!
キャストもコンパクトにまとめた脚本も全体的なバランスが良かった。
sd

sdの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

冴えないサラリーマンが知的生命体と遭遇して徐々に木梨憲武になっていく話
こうゆう作品は色々と難しいよね、、、
nfnf

nfnfの感想・評価

3.0
ノリさんと佐藤健が、突然すごい力を得て戦う話。佐藤健はなぜにあんなに悪者になってしまったのか。。
an

anの感想・評価

4.0
目が死んでる佐藤健最高
>|