いぬやしきの作品情報・感想・評価

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人…

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。強大な力を手に入れた二人が、いま、それぞれの想いで動き出す———。

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

とにかくこれを表現するためには尺が全く足りなかったね!が感想。本を取ればは田島光二デザインが発揮できず、エンターテイメント性を取れば本が端折られる。監督、大変だったねと同情に値する。しかし演出も演者もよく頑張った作品と思う。木梨憲武という役者の可能性が果てしなく見えたし、本田奏多の使い方、二階堂ふみの使い方、素晴らしかった。だがしかし、いつも思う。この作品に限ったことじゃないけれど、佐藤健は絶望を演じさせると本当に下手。すべてを失ったことがないからだと思うけれど、どこか乾いてる、それが伝わってしまう。そこだけが残念。にしても日本が誇るVFXチームの未来を期待せずには居られない。
邦画の今後の可能性や期待を込めて
arajin

arajinの感想・評価

5.0
ワクワクする映画
木梨がカッコいい
と

との感想・評価

3.9
記録
キギ

キギの感想・評価

4.5
予想外の面白さ!

佐藤健のサイコパスな悪役に痺れる…。

原作見てないから、この後の展開とかは知らないけど、2人の共闘に期待。
na

naの感想・評価

4.3
面白かった!!佐藤健くんイケメン
とー

とーの感想・評価

3.1
原作は見てたけどうろ覚え。
思いの外楽しく観れました!

同じすごい力を持っても、その人の世界の見え方でこうも扱い方が変わるんだなぁと実感。


ノリさんよかったよ!
tomo

tomoの感想・評価

3.0
期待し過ぎた
>|