劇場版ポケットモンスター キミにきめた!の作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

3.7

あらすじ

すべてのポケモンファンへ——、 これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。 20周年記念作品、ここに誕生! マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残り…

すべてのポケモンファンへ——、 これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。 20周年記念作品、ここに誕生! マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に投稿された感想・評価

jimanoff

jimanoffの感想・評価

3.8
ピカチュウがかわいい
nIa

nIaの感想・評価

3.0
これはポケモンお久しぶり層への作品であり アニメゲームとともに成長してきた(してきてしまった)「大きなお友達」がみて満足するかは非常に疑問
少なくとも僕は、ピカチュウが喋ることなんて一切望んでいなかったし恐ろしく愚かな演出とさえ思う
ぴ

ぴの感想・評価

3.9
まさかポケモンに泣かされるとは…

懐古厨にはたまらん演出。
とはいえ今の子供たちも楽しめる。
サトシが旅への思いを語るシーンが印象的。
ポケモンマスターを目指した人は一見の価値あり。
ひひん

ひひんの感想・評価

3.5
○序盤のツンからのデレピカチュウ可愛過ぎか。可愛過ぎか。
○バタフリーとヒトカゲのエピソードが思い出補正も相まって泣ける。

×最後までピカチュウは「ぴっかー!」で突き通して欲しかった件。なぜ喋る。
movie

movieの感想・評価

2.6
なぜにここまで評価高い!?
たしかに昔を思い出させるオオキド博士の声とかサトシ、ピカチュウ、オープニングの音楽はよかった。ヒトカゲも可愛い。
けれど内容薄いし、なぜにサトシ一回死んだΣ('◉⌓◉’)ピカチュウが、、、しゃべっΣ('◉⌓◉’)

ポケモン好きじゃない方にはオススメしません
ベトナム語吹き替えで鑑賞。

ピカチュウと添い寝したい。
meiusa

meiusaの感想・評価

3.5
無印ファンにはたまらなく懐かしいBGMがいい。
極上

極上の感想・評価

2.3
残念。
“少年よ生きろ!生きていればなんとかなる!”と言う台詞に不覚にも感動した。
ピカチュウとサトシの友情は永遠。
>|