劇場版ポケットモンスター キミにきめた!の作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

3.7

あらすじ

すべてのポケモンファンへ——、 これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。 20周年記念作品、ここに誕生! マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残り…

すべてのポケモンファンへ——、 これはふたりの「出会い」と「約束」の物語。 20周年記念作品、ここに誕生! マサラタウンに住む少年サトシは、ポケモントレーナーになる資格を得ることができる、10歳の誕生日の朝を迎えていた。まだ見ぬポケモン、まだ見ぬ世界への憧れを胸に、オーキド研究所で仲間となるポケモンをもらうはずが、大寝坊をしてしまったサトシに残されていたのは、人間に懐こうとしない、残りのポケモンのピカチュウだった。「キミはオレが嫌い? オレはキミが好きだよ!」ぶつかり合いながらも、少しずつ友情を深めていくふたりだったが、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを見上げ、虹色の羽根を手にサトシとピカチュウは誓ったのだった。「いつか一緒に、あいつに会いに行こうぜ!」こうして世界一のポケモンマスターになるため、旅を始めたサトシとピカチュウは、途中でトレーナーのマコトとソウジに出会い、ホウオウに関する言い伝えを聞かされる。「虹色の羽根に導かれ、ホウオウに会う者、虹の勇者とならん。」いつの間にかサトシの影に潜んでいた、謎のポケモン・マーシャドーに導かれるようにして、ホウオウが住むテンセイ山を目指すサトシたちだったが、そこに強敵が現れる。ふたりはホウオウにたどり着くことができるのか!? 旅立ちの日に誓った約束を果たすため、今、ふたりが「本当のパートナー」になるまでの冒険が始まる!

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
170825 13:25〜
たれ

たれの感想・評価

3.5
泣けたぜ
昔のポケモンとかキャラが出てきて嬉しかった やっぱりポケモンは絆!!!って感じがする。
世代のポケモンが多く登場したから懐かしかった。
成長・別れ・友人が上手く練り込まれて良かったと思う
海老

海老の感想・評価

3.5
こんなことを言うとファンの方々に怒られそうなのですが…

僕はこの作品が初ポケモンです。
ゲームもアニメも旧作映画も観ておりません。
その上での評価なので、当てにならないかと思います。書くなや!って聞こえてきそうですが、記録はつけたくて、石を投げないでください。

元が子供向けのアニメと思って観に行きましたので、悪くなかったなと思います。ピカチュウとの出会いから描かれていたこともあり、初心者の僕にはありがたい導入でした。冒険シーンなどは手に汗握る展開もあり、子供と一緒になって真剣に観ておりました。

思ったよりピカチュウと打ち解けるの早いなとか、ツッコミどころはあったんですが、子供は喜んでいたので、良しです。笑
冒険心をくすぐる世界観やポケモン達の個性あふれるキャラクター性など、確かに長年愛されることはあるんだな、と、初見の僕でも思ったことは事実です。




最後に。
いろいろ悪い評判も聞くんですが、どうも初代の設定を無視してる部分が少なからずあるみたいですね。そういう意味で初見の僕の意見は当てにならないかと。
み

みの感想・評価

3.6
懐かしいストーリーと、新しいストーリーの両方があって楽しかった〜。大好きなルカリオ出て来たし、最後だけよくわからなかったけど途中までの話はほんとすき。意外と面白かった

このレビューはネタバレを含みます

ポケモン世代としては、昔のお話しがこういった形でリメイクされて凄く嬉しく思いました。

最後のシーンでサトシが消えてしまうところは本当泣けます。



1つきになることがあるとすれば
ロケット団の出番が少なかったところ。
いつでるのか待ってもなかなか出てこなくて残念な気持ちになりました。
知ってるポケモンがいっぱい出てきて楽しかった。やっぱりサトシの相方はピカチュウじゃないと、そう思います。
りのあ

りのあの感想・評価

5.0
あまりに見たのが溜まってしまったので、先にマーク。後々編集します。

映画館では絶対号泣すると思いレンタルまで待っていました。
案の定翌日ヤバイくらい泣きました。
ピカチュウ大好き!
silent

silentの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

観てきました。

映画を観よ~と提案されて
なにみる?と聞くと
ポケモン映画を御所望とのこと~。

劇場予告中に入場することになり

私はシアター内に入ろうと
かなり急いで歩いて行ったのですが
私が こわいかお をしながら歩いた所為なのか、
スタッフさんが手抜きだったのか、
チケットをちぎられませんでした…。

今回のポケモン映画は
サトシとピカチュウの出会い。

全体的に
アニメの30分で魅せるストーリーを詰め込みすぎてる感が否めませんでした…。

ポケモンたちの声は昔のまま。
音楽はアレンジが加えてあるけど昔のまま。

プリンの鳴き声なんて超久しぶりに聞いた~…!
ラプラスが なみのり する時の音楽が懐かしかった…。


マサラタウンから旅に出たサトシはホウオウをひたすら追いかける。
※物語終盤での手持ちポケモン数:ピカチュウとリザードンだけ

・ピカチュウとサトシの会話が終わるのを待っててくれるオニスズメの大群
・ここはパラレルワールドなのか、存在を抹消されたタケシとカスミ
・出だしでタマムシジムのジムバッジをゲット
「3つ目のバッジ!ゲットだぜ!」←!?
このシーン以降、ジムに挑まないサトシ

・アニメでは攻撃技を使えないトランセルに悩まされていたけど、そんな葛藤はしなかったサトシ
・アニメでは感動したのに、全然つられ泣きしなかった『さよならバタフリー』


ショック
・伝説設定が知ってるのと違う
ホウオウがスズの塔から現れない
ホウオウに会うためにめっちゃ山登ってる
・サトシの闇堕ち
「あの時ヒトカゲじゃなくピカチュウを選んでいたら勝てたんだ」
「俺はホウオウに選ばれたトレーナーなんだ!ピカチュウなんかいなくても」
闇堕ちはイナイレでおなかいっぱいですありがとうございました


・ホウオウの研究をしているオッサンと山で会う
(いや、誰…)
・猛突進してくるサイホーンの背中に飛び乗り踏み台にして先に進むサトシ
・わざとらしく崖に向かって追い込まれるサトシ
・『ミュウツーの逆襲』の時のようにGN粒子になって死ぬサトシ
・ピカチュウが人間の言葉を喋ったあァァ!!!?
・サトシ生き返る


サトシとピカチュウの今までの冒険はリセットされてました。
でも、声優さんの感じは思いっきりベテランです。当たり前ですね。
ヒトカゲが可愛かったです。
>|