盆栽

クルエラの盆栽のレビュー・感想・評価

クルエラ(2021年製作の映画)
4.1
玉座に座るのは一人だけだ


『マレフィセント』に続くディズニーによるヴィラン誕生譚第2弾は抑えあるパンクで!フレッシュで!ファッションセンス輝く!ポップな犯罪映画でした。

ディズニー作品では比較的珍しい人間そのものがヴィランであるクルエラのオリジンをどう描くか。エマ・ストーンという悪魔的な演技を持つ彼女がスクリーンを通し、王道のディズニーの域も超え、「悪」の華麗なる覚醒を成し遂げました。

物語序盤のエステラ(クルエラ)がバロネスの元で働く描写は間違いなく『プラダを着た悪魔』。エマ・トンプソンがメリル・ストリープに見えてくるのは必然です。しかしとある事がきっかけでクルエラが姿を現し、ここからクルエラvsバロネスのファッション闘争の幕開け。とにかくスピーディーかつ大胆な闘争の描き方は最高にアドレナリンが爆発します。

全編を通し、音楽の使い方はやはりディズニー!レジェンド級に上手い。ですが本作はオリジナル曲に加え、実際にある曲も使われています。まさかのチャップリンの「スマイル」が流れた時は「薄々気付いてはいたけど、もう『ジョーカー』ですやん」と。やはり本作、エマ・ストーン本人が否定していることではあるのであまり触れたくはありませんが、ヴィラン誕生譚ということもあり『ジョーカー』と似た点があるんですよね。音楽だけでも最高にアガるのに、本作『クルエラ』も危険な作品です。

クルエラ自身の苦悩や葛藤もディズニーらしくなく、かなりリアルに描かれています。それもそうでしょう。監督は『アイ、トーニャ』のグレイグ・ギレスピーですから。前作でもある意味ヴィランといってもいい、トーニャ・ハーディングの半生を見事に描いた監督ですので、その実力は本当のヴィランを描く本作でも発揮されています。

何故その設定にした?という腑に落ちない部分もありましたが、作品全体としてファッション映画、犯罪映画として楽しめる作品でもあり、久しぶりに続編があってもいいだろうなぁと思える作品でもありました。


(雑談)
今現在ディズニー作品を年代順に鑑賞しており、いまだに60年代の作品ですので本作のようなバリバリの最新作ですとかなりのジェネレーションギャップ感じます。「こんなに進化したのか」と謎に親目線で本作を鑑賞してました。