マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディションの作品情報・感想・評価

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション2015年製作の映画)

Mad Max Fury Road Black & Chrome Edition

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:120分

4.5

あらすじ

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪わ れ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハー ディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団 に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャー リーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホル ト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走 …

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪わ れ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハー ディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団 に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャー リーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホル ト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走 を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル...。絶体絶命のピンチ を迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

「マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション」に投稿された感想・評価

”絶望が世界の色を覆い塗りつぶしても、希望や狂気やもっと純粋な生への概念は隠すことはできない”

色を失ったことにより剥き出しになった、”狂気”の中への”生”
言語化しがたい情報量と物量と熱量が剥き出しになったからこそ
さらに深く見えてくる”狂””嬉””怒””哀”

「魂」が剥き出しになっている・・・

オリジナル版の「MAD MAX 怒りのデスロード」が公開当初、Filmarksを始めたばかりで、この感情のうねりを言葉にしきれなかったことを後悔してやまなかった。

冒頭に映し出される孤独なマックスの後ろ姿。躊躇なくトカゲを食す、世界の終わりのその先に見出した”生”のシーンから、逃走と脱出と受難と激突と死闘と遭遇と共闘と犠牲と嘆きと決意と苦難と渇望とが、常軌を逸した車の大群と想像の追い付かないアクションとギミック、おびただしいまでの情報量がフルスロットルで迫ってくる。情報整理の追い付かなが、ひとつひとつが洗練され、切り詰められているがゆえの脳に直接ガソリンのプラグを突っ込まれ、最大出力で注ぎ込まれるようなエネルギッシュな快感を摂取できる、「映画という名のアドレナリン」「アドレナリンという名の映画」なのである。

”宗教”であり、”神話”であり、”思想書”である。

何度でもこの世界を浴びたくなる衝動に駆られてしまうのであろう。


ここまで私は”社畜のデスロード”
連勤につぐ連勤の砂嵐
過労とストレスにより、体は軋み、大腸は暴れ、吐き気は乱れる。
会議の連続と、朝5時起きと、サービス残業と・・・
満身創痍ながらたどり着いた”英雄の館”(横浜ブルク13)

冒頭のエンジン音、マックスの後ろ姿、繰り返される砂漠の中の大活劇。

魂の息吹を全身に浴びて、明日への活力が湧き上がった。
水のようにガソリンのように宗教のように・・・
これぞ、”I live, I die, I live again!!”
”生きて、死んで、また生き返る!!”

明日を生きる希望が、絶望と拮抗することを願い、
そして今作が生の糧になる大傑作であり続けることを・・・



自身を社畜と称したのを訂正しよう、今作を見て昂った私はひとりのウォー・ボーイだ。
デスロードで散ろうが、魂が肉体を凌駕して仕事を続けるぞ!
woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

3.2
行って帰ってくるだけの映画なのに、とても面白い
ジョージ・ミラーが言うように、白黒版では映画全体の抽象度が増している。
色を失ったことでこの映画は特定の時代や地域から自由になり、「神話」としてより強固なものになったと言えるだろう(とてつもない未来の出来事であると同時に、遠い過去の出来事のようにも見える)。
とは言え良いことばかりと言うわけではなく、いくつかのシーンでは画面のディティールが視認しずらかったりもする(些細な問題だが…)。

緻密に設計された世界観やドラマが1つのシンプルな運動に収束していく、映画として理想的な形式。21世紀の映画が参照すべき、新しいスタンダードと言っても過言ではない大傑作。
すまる

すまるの感想・評価

3.8
白黒でも最高だけど、色ついてたほうがやはり面白いと感じました。

もともと色味が抑えられた作品ではあるけども、イモータンジョーの潰瘍で浮腫んだ肌と嵐の雲の質感が似ていたり、孕み女たちのシャイニー&クロームな感じ、コーマの赤い衣装や爆炎など挿し色が効果的に使われていることが色付きのよさとして再発見できました。
yamato

yamatoの感想・評価

5.0
最高!モノクロだからR指定無く小学生の男子とも映画館に観に行けた!
Michelle

Michelleの感想・評価

4.0
モノクロになることで視覚がハッキリするのが新鮮だった
BlueMoon

BlueMoonの感想・評価

4.6
モノクロ映画を映画館で観る、というのは何気に初めてでした。
高い技術で作られた綺麗な映像をモノクロにするとこうなるのか、という驚き。アリですね。

マッドマックスの場合、あのサイケデリックなビジュアルが魅力のひとつであることは確かなので、個人的にはカラー版の方に軍配は上がるけれど、モノクロだと砂のどしっとした感じが強調されるし、登場人物の表情により視線がいく。その結果マックスとフュリオサたちのサイドにより深く感情移入できます。

いろんなバージョンがあるのは、それだけ元の映画に魅力があって、方法論それぞれの意味を観客にしっかり認識してもらえるからこそ。
本当に凄い作品ですよね。
まりこ

まりこの感想・評価

4.6
立川シネマシティで爆音で2018/7に観たのだった
そしてやっぱり鑑賞後は超疲れるけどまた来年も観たい…と思った
B&Cバージョンの方がさらに神話っぽさ増してた

2018-45
モノクロバージョン。コントラストが強すぎて目が痛い(白くてまぶしい)のと、白字の日本語字幕が見づらいこともあり、カラー版のほうが好き。
とはいえ作品自体は本当に文句のつけようがないほど完璧なので、何度観ても感動する。
クロームドエディションは初。
雰囲気には合ってるけど、コントラストが強くて見づらい。
栽培してる野菜とか、緑の地を目指してって言ってるから、色がないとわかりづらい気がする。
通常版の色付きの方が好み。
>|