れじみ

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルのれじみのレビュー・感想・評価

3.9
既知の出来事を演出と構成でフレッシュな物語へと変えたファッキンエンターテイメント。非常にポップな語り口な一方で、社会派的側面(貧困とスポーツ)もあって見応え抜群。全員悪人ならぬ全員クソ野郎なキャラに圧倒された。音楽も最高。大傑作だった。

それこそスケートリンクの上を滑るかのように物語の運びが非常にスムーズで一切の停滞がない。物語と全編に流れ続ける音楽との調和性が心地良い。実際のスポーツ中継とは全く違う角度で撮られたスケート演技の映像が楽しい。

貧困スパイラル、スポーツ選手における勉学の重要性、さらに言えばフィギュアスケートにおける技術性と芸術性の比重への言及も見られる。決して深掘りはしていないが、問題提起には十分。エンターテイメントの皮を被った骨太な社会派ドラマだった。