slv

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルのslvのレビュー・感想・評価

4.3
「彼女は世界中から愛され、一瞬にして世界中から憎まれた」

私の記憶に残るトーニャ・ハーディングのイメージはまさにそれ。
世界中から嫌われた、「悪者」の印象が強烈に残っていた。

しかし、なぜ今これが映画に??
しかもドキュメンタリーでもなく??

と、よくわからない思いでさほど期待もしていなかったが、これが敢えてドキュメンタリーじゃないからこその独特の面白さで、なんともシニカルでブラックなユーモアのある快作だった!!

濃すぎるそれぞれのキャラクターのハマり具合いと、怪演、熱演が本当にお見事。

ここに登場するのはどうしようもなく何かが欠落したような人達ばかりだけれど、それぞれにどうにも憎めない魅力があって、強烈に心を捉えられてしまう。

特に鬼母を演じたアリソン・ジャネイ、最高にクール。格好いい。

マーゴット・ロビーの体当たりな演技にも圧倒された。
いったいどれだけ努力したのでしょう。。(スケート、あれだけ滑れるようになるのは本当に凄い。)

彼女が表現した感情の全てが、説得力を持って、心を揺さぶってきた。

特にリレハンメルオリンピックの本番前、極限状態になりながらも出場するシーンと、裁判官に「自分からスケートを奪わないで…!」と涙ながらに訴えるシーンの切実さは強烈だった。

確かに、トーニャはちゃんと才能もあるし並々ならぬ努力だってしてきたのだ。
環境にも愛にも恵まれなかったけれど、誰にも負けないくらいのスケートへの情熱は確かに本物で、それこそが彼女の確かな真実ではないか…と、心に訴えかけてくるものがあり、泣けてきた。。

私の中の、彼女のイメージがここで覆されてしまった。

それが狙いかどうかはわからないし、どこまでが真実かもわからないけど、世界中から叩かれ嫌われたトーニャ・ハーディングという人物の、逞しさと不屈の精神に何やら感服したような気分になって、痛快な後味がとても満足な作品でした。