tsukareguma

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルのtsukaregumaのレビュー・感想・評価

4.4
2017.5.21@TOHO新宿#12
これだけ赤裸々に描かれながら、なぜかこのトーニャを嫌いにはならない。むしろこっそりと応援したくなった。理由は2点。

1.圧倒的なスケートシーンの迫力。特に最初のロックに乗せて滑るシーンが大好きだ。息遣いまでが体現されている上に、見たことないようなカメラの動きが素晴らしい。このシーンがあるがゆえにスクリーンで見る価値がある作品だ。ここで完全に心が掴まれた。

2.何度つらい目にあっても逃げない不屈ぶり。最後のボクシングシーンで強烈なパンチを受け、血を吐きながら立ち上がるカットはその象徴か。後味が最悪だった「ミリオンダラーベイビー」とはまた違う素晴らしさ。

インタビューとドラマに、メタ構造までも混ぜる構成も新鮮で飽きない。まぎれもないスポーツ映画の傑作だと思う。

ところで、今年ここまでのマイベスト級を振り返ると、本作に加えて「シェイプオブウォーター」や「ちはやふる」など、軒並み女性が主役であることに驚く。時代だね。