骨法十か条

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの骨法十か条のネタバレレビュー・内容・結末

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 男を見る目がないと波瀾万丈の人生になってしまうのがわかる話。

 実在のフィギュアスケーターのトーニャ・ハーディングさんの実録もので彼女の幼少時代からライバル選手襲撃事件を起こすまでをテンポよく編集や話運びであっという間の120分でした。

 主人公のお母さんは登場してからいきなり自分の娘さんを愛していないのかと感じてしまう行動言動の連続で「才能を与えた」とか言っていますが、実の娘さんだけでなく周囲の人間を全員を見下したかのような態度が最高でした。彼女にここまでにしてしまったんだろうと今までの人生に一体何があったのかとそれを知りたくなる映画を見たくなりました。

 スケーターとしての才能に恵まれた主人公だけど技術だけじゃ勝てないと悩んだりしますが、主人公も主人公で努力が認められないと周りがおかしいと暴れたりしてぶっとんだ主人公でした。DV夫もすぐに暴力を振るう最低男ですが、主人公も意外に負けじと殴り返したりしているのが凄かったです。

 そして結局、旦那の友達が一番とんでもない奴であいつがいなかったら別の道があったんではなかろうかと思える面白いキャラクターでした。付き合う相手を間違っちゃいけないなと勉強になる映画で、彼が動き回るだけでこの映画の面白さが倍増する行き当たりばったりの行動言動がよかったです。ライバル選手襲撃のドタバタも笑えました。

 スポーツものとしてもフィギィアスケートのシーンも映画的なダイナミックさでどうやって撮影しているんだろうと考えてしまう見たことない場所で見せてくれる迫力のフィギィアスケートでした。

 オリンピック選手なのに自分で衣装を作っているだけでも偉いと思ってしまう映画でした。