サンタムール

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルのサンタムールのレビュー・感想・評価

3.8
マーゴット・ロビーが演じているせいなのか、トーニャ・ハーディングがとってもやさぐれているのですが、フィギュアスケート愛に溢れており、貧乏でもパワフルで、魅力的です。今の時代はこのようなダークヒロインが人気がありますよね。親からちゃんとした愛情を受けずに育った子供はやはり、いびつに育つんだなぁ。
この母親の毒ッぷりといったら!もう!
この映画の味の決め手となっていましたね。子供が育つ環境は親次第というのも確かにある。
それでも人を見る目とか、判断力は経験から学び、努力次第でなんとかなりそうなんだけど、、、連れ合いにしてもゲスの極みだったし、その友達も皆バカでしたねぇ。
傷ついてばかりの人生のトーニャ・ハーディングがナンシー・ケリガン事件で裁判になったとき、フィギュア界から永久追放され、涙ながらに"学校にもいかず、スケートしかやってこなかった自分からスケートを取り上げないでください"というような気持ちを訴えるシーンはちょっと泣けるものがありました。
そのシーンからの、、ボクシングの選手になってリングで顔を殴られ血が飛び散るも、立ち上がってファイトする彼女の姿にはしびれました。ダークヒロインはこうでなくちゃ。