アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

ジジョ

ジジョの感想・評価

4.5
どんなに疎まれても決して負けないトーニャのタフさに、爽快感さえ感じる映画。

自己評価が高く、世の中に対して不満を抱え、自分に起こる不幸なことの原因は全て自分以外の人が悪いのであって、自分はむしろ被害者であると感じている、、、そんな彼女がテロや銃乱射を不満の解決策にしなかったのは、スケートという手段で自分の力を誇示することができたからかも。

何よりも彼女は、母親に愛されたくて、誰かに大切にしてもらいたくて、「自分は価値がある人である」と照明するために、どうしてもメダルが欲しかったのではないかな。

貧困や虐待、襲撃事件などダークな内容なのに、ブラックユーモア的に笑える要素満載。
鬼母を演じたアリソン・ジャネイがすばらしく、オスカーも納得の存在感でした。
濃ゆーき人生だな。
re

reの感想・評価

-
血縁よりも環境が影響すると改めて思う、映画

何よりも、スケートからボクサーは凄い
blue

blueの感想・評価

3.1
こんな状況下で、世界選手権2位、オリンピック4位etc…ってスゴイ!
最初はコメディータッチかと思って観ていたけども、段々笑えない展開に。。
せっかくDV母と別れたのに、DV男とくっつくとは…共依存というものか。
本編はシビアな内容だったけれど、エンドロールのめちゃくちゃ嬉しそうに滑るご本人の映像を見たら、なんだかこの作品の印象が変わった。
linsun

linsunの感想・評価

2.0
題材が面白くなかった。
ゆぅ

ゆぅの感想・評価

4.0
アカデミー賞で騒がれてた時に気になって、やっと鑑賞。
フィギュアスケートをずっと見てきてるから、
トリプルルッツとかのシーンで最高にテンション上がった⛸⤴︎⤴︎
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
何が凄いって、登場人物全員の再現がやばい😳最後に本人出てくるけど、似せすぎてて笑ったw特にお母さんw

お母さんにも彼氏にも暴力受けるんやけど、コメディチックな描写やから観てて辛くなることはなかった!

アメリカ初トリプルアクセル飛んだのはこの主人公やけど、世界初は伊藤みどりさんやからな。そう思ったら日本凄くない?
こと

ことの感想・評価

3.6
史上最恐のフィギュアスケーター
トーニャ・ハーディング

の悲しくも壮絶な実話


実力でのし上がってきた
氷の女王の人生と、
フィギュアスケート界を震撼させた
ナンシー・ケリガン襲撃事件の真相に
迫ったドキュメンタリー作品


「トーニャ・ハーディング」
私はまだ生まれる前の事件なのに
なぜかその名前は知っていました。

でも、今作を見たら、
その知名度のわけが理解できました。

貧しい環境×モンスターまま

このダブルパンチは大きいですね。
そりゃ精神強くなるわ~

同情の目で見る一方で、
この状況で育ったからこそ
プロスケーターになれたのでは、と
思ってしまう自分がいます。

とは言え、これだけひねくれた場所で
成長したからこの結末が待っていたとも
考えられますね。



いくらマーゴット・ロビーでも
プロ並みのスケーティングは無理だと
思うのですが、
素人(あるいは吹替だとしても)ということを
全く感じさせない、
リアルなスケートシーンで驚きました。

カメラワークでそう見せてるのかなと
考えたのですが、
だとしても上手く作っていて凄い。

音楽も懐かしの洋ポップが多く
勢いがあって好きでした。


そういえば、
東京コミコン2019のゲストが発表されましたね。

去年2ショットチケットまで買って会えなかった
念願のセバスタに、今年こそ会いたいものです。
やーっとみたぞアイトーニャ。
面白かった。実話がドキュメンタリー調で進んでるんだけど飽きずに最後まで観れる。

てかマーゴットロビーもセバスタもアリソンジャネイもやっぱ流石演技うまいなーて思った。年取ってからのインタビューパートで老いてるのが話し方だけで伝わってくる感じだった。
セバスタは何してもかっこいいなあ

挿入歌?たちのセンスがめっちゃ好き

この状況でもトーニャを応援してる人もいる、みたいなこと言ってたけど、こんな選手がリアルタイムでいたら応援するのかな?むしろめちゃめちゃ粗探しして叩きまくるみたいな(日本の)メディアが容易に想像できるんだけど 笑笑
もぐら

もぐらの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

これが悲劇と喜劇の本質かな。

絶頂から奈落の底へ一気に転落していくんだけれど、その絶頂に至るまでの道も上昇と下降の繰り返しで、むしろ人生の良い面と悪い面が常に表裏一体で同居してる。
それがどこまでも人生だよね。

邪悪で醜悪。でもなにか愛おしくて、煌めきがあって、たしかに美しく思える瞬間がある。
その落差がどこまでも面白くて喜劇が喜劇たる所以なんだね。
嗚呼これが人生なんだとしたら、とんでもない悲劇だね。

「アメリカっていう国は愛すべきヒーローだけじゃなく、憎むべきヒーローも求めてる。真実を話せというが、そんなものはない。ただ転がっていくだけ」
美しい実績と憎むべきスキャンダルによって、喜劇的に彩られる人間に満ち満ちてるおかげでどこまでも悲劇的な世界が回り続けてるのかもね。
眠

眠の感想・評価

3.9
記録
>|