アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

いで

いでの感想・評価

3.8
面白い、でも後味はあんまり良くないし、かなりやりきれない気持ちになった。

演技はみんな素晴らしく、アリソン・ジャネイは文字通り憎たらしいほど良かったし、何と言っても主演のマーゴット・ロビーの精神的に弱い所とスケートに対する強い気持ちの不安定なバランスの演技がめちゃくちゃいい。特に終盤の母親とのやり取りのシーンは本当に良かった。アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされたのも納得。

ただ、話は出てくる人がみんなどうしようもない人たちばかり。母親と旦那やその友達はもちろん、マスコミや審査員、FBIも含めて出てくる人のほとんどがろくでもない。普通の映画の主人公になるような強くて賢い人なら乗り越えられるのかもしれないけど、彼女の生い立ちをみればああなっても全然おかしくないと思う。正直なところ、客観的な真実はよく分からないけど、彼女への判決はあまりにも残酷に思えた。
マト

マトの感想・評価

4.3
毒親の母ちゃんが強烈すぎるが、デブ友人もアホアホすぎてめちゃめちゃ面白い。
トーニャってなかなかキツい境遇だったんだなとは思うけど、この映画見るかぎりではそんなに悲壮感なさげなのがすごいなと。一級品のメンタル。
「ナンシーが殴られたのは1回だけ。なのに世界中が大騒ぎ。私にはあんなの日常よ」←なにこの名言
msh

mshの感想・評価

2.5
不屈で強情で努力家でもある。
しかも、すごい人生だな😳
そして、すごい母ちゃんだな👂🦜

なんかこの映画見ると
ちゃんとした大会の採点も
所詮は人の好み次第か。
と思ってしまう…
技能以外の採点って難しいんだろうな。
トーニャハーディングの真実。でもこれが事実かどうかは分からない。偏った情報を真実のように描く伝記映画が多い一方で、偏った情報を偏った真実だと謳っちゃう伝記物も良いなと感じた。

事実がどうであれ、とりあえず自分も「完璧なアメリカの家族のイメージ」なんてクソ喰らえだって思うよ。
らび

らびの感想・評価

3.5
当時アメリカに住んでいてトーニャとナンシーのニュースをTVで見ていたけれど細部まではわからず。エンドロールに流れた実際のトーニャハーディングを見て思い出した。時代の再現度高し、あんな親子や夫婦が普通にいたような気がする。自分の意思だけではどうにもならないような事もある。それに抗う主人公に少し同情してしまう。
mu

muの感想・評価

4.6
くそみたいな人生でも、これが私にとっての正解なんだとふてぶてしく生きる彼女が嫌いになれない。
くみん

くみんの感想・評価

3.9
衝撃過ぎ。

しかし。。。
ジャンプも力強く高くてステップもキレキレ。
すごい選手。
タバコとお酒と食事に気を使えばもっとすごい選手になっていたのかしら??

ママの小鳥が笑える。
トーニャが人に恵まれてなく気の毒に
タバコ酒をガバガバ嗜んでもスケーターとしての才能が開花したのなら ストイックに打ち込んでたらどんなスケーターになっていたのかしら勿体ない
お母さんになつく鳥チャレンジャーとりあえず逃げて!
Sable

Sableの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

19年85本目
通算357本目

なんか、うんって感じ。大好きなタイプの映画ではないけど、引き込まれるっちゃあ引き込まれる。でも、一生スケートやっちゃいけないってトーニャが可哀想に思えた(可哀想って言葉は嫌いだけど)。愛人と友人はしっかり選ばないとね。腐れ縁とかあると後悔するんだなって教訓を得たような気がする。
MANA

MANAの感想・評価

3.6
いつだって歴史を変えるのは変わり者。

虐待、結婚、スランプ、酒にタバコ、男との問題、家族問題……世間がイメージする氷上の女神はそこにいない。しかし素行に問題大ありながらも、スケートに対するアグレッシブな姿勢を見届ける映画。


母親があんなイカれ女だったら誰だって、怒りを動力にする子供に育つ。でも父親に育てられていたら、おそらくスケーターに育たなかっただろう。

でも不幸なのは恋人まで暴力的だったこと。
スケートにかかる金は半端じゃないし、結果が全ての世界だし、裕福ではないことも。小さな要因がトーニャを追い詰めていく。
そしてアスリートの世界は、自分以外が敵。

したことないけど、育児と教育ほど"人による"ものはないなと。
世のパパママは大変だなぁ……


✂︎------------------------
マーゴットロビーって頭おかしい役多くない?笑
そんでもって顔がいつも絶望的に覚えられない……なぜだ……全然覚えられない。いつも役の化粧がすごいからかな。

才能はある。
でも環境が悪いと人はどこまでも落ちていく。そこから1人で這い上がるのは難しい。
種が自分で育たないのと同じで、どんなに強い芽を秘めていても水と太陽がなければ発芽もできない。

イメージ競技って不公平感あるよね。
フィギュアスケートは特にそれを感じる。ただの点数競技ならあるけれど、ここまでイメージがつきまとう競技は他にない気がする。
"雰囲気"まで競い合うなんてね……
お金だけではなく、私生活から何から何まで全てスケートに注ぐ覚悟。

そして血と涙と汗すべて流しても。
頂点に座るのはたった1人。
アスリートの世界は、本当に厳しい。

トーニャにとって、本当に環境が悪かった。もっと別の環境だったら、お金があれば、付き合う人がよければ。いつも目の前に二択があったとして、それをすべて悪いほうを引いた感じ。小さなタラレバが大きく人生を狂わせて、彼女からスケートを奪う。

今まで全てだったものがなくなる感覚は、どんなものだろう……
味わいたくないけど、そりゃ恐ろしいことだわ。
でも遠い未来じゃないかもしれない。明日にも転落するかもしれない。いつだって二択のうちの悪い方を引く可能性は50%。

大事なのは、そこからどう這い上がるか…
>|