アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

あむ

あむの感想・評価

2.8
見たかった映画だったので見れてよかった
実際起こった事件だと思うと気が強いとはいえどトーニャが気の毒だと思った

私自身、スポーツ選手は“親が子供に才能を与えるチャンスを与えるものだ”と思っていたため、変に「あの子が頑張ったから」とか「あの子には才能が元からあった、私は何もしていない」など言われるより、
トーニャの母親が「私が才能を与えたんだ!」と強く言ってくれたのでスッキリした。

才能(ギフテッド)に出てたマッケナ・グレイスがトーニャの子供時代を演じててなんかよかった、彼女はここでも才能をもらっていた
ほたて

ほたての感想・評価

4.3
限界まで来た時に
笑わなきゃ、頑張らなきゃ
と思えば思うほど涙をこらえるのが難しいのは、トリプルアクセル成功マンのこの人でも同じなのね

観ているこちらを試すようなマーゴットロビーの目つきが忘れられない
虚構の中で真実を描く作品、最近すきだ~

トーニャ役のマーゴット・ロビーの役者魂もすばらしいが
アリソン・ジャネイの存在感がとにかく凄まじいな!!!!

脚本すばらしかったです。
脚本面白い!上手い!って感じだった。
よっこ

よっこの感想・評価

3.4
マーゴット・ロビーの演技が凄い!
本当にスケートしてるとゎ…。。
さすが!!
でも本当破天荒な人生だ。
sally

sallyの感想・評価

3.8
マーゴット・ロビー美人さんなのに身体張ってて凄い。

どこまで本当かわからないけど、フィギュアスケート好きだったからトーニャとお母さんの関係はめっちゃそうなんだろうなぁって思ってみてた。

小さい頃から活躍する子って、お母さんやお父さんの影響ものすごいと思う。

そして、マッケンナ・グレイス。若かりし、クロエちゃんとか、ダコダちゃん感がハンパない。
taku

takuの感想・評価

4.0
関係者のとんでもインタビューをもとに実在のフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの半生を描く。
だから、この映画は決して真実ではない。夫婦の殴った殴ってないとかの証言の食い違いをそのまま描いてしまう。まさに真実は藪の中。

だが、真実ってそんなに重要なことなのか?当時のことを直接は知らないが、彼女をヒロインにしたり悪人にしたり、誰も本当の彼女を見ようとしなかったのではないか。
そもそもそんなことする必要があるとは思えないが。

ただ、ぶっ飛んだフィギュアスケートの天才がいて、母親も旦那もぶっ飛んでいた。
彼女はトリプルアクセルを跳んだ初のアメリカ人となり、一躍全米のヒロインとなった。そしてライバルが殴打された事件に関与したとして、全米に嫌われた。
そこにはエキセントリックなある女性の「物語」があるだけなのだ。

未だ存命の人物を描くという難しいテーマの映画を見事に救っているのは、間違いなくマーゴット・ロビーの演技だろう。ふざけすぎずシリアスになりすぎず、絶妙なバランスを取っている。この映画のプロデュースも手掛けているそうだが、とてもいい俳優だ。
思ったより淡々とした作品だった。
もっと派手でエンターテイメント性のあるものだと勝手に思ってたからちょっと残念だった。
でもフィギュアスケートの競技シーンは感動したし、音楽が良かった。
三樹夫

三樹夫の感想・評価

4.2
ナンシー・ケリガン襲撃事件で知られるトーニャ・ハーディングの半生をコメディを交えてテンポよくみせる。マシンガンのようにfuckというワードを会話の中に叩きこみ、クズとバカが大量に出てきて、度を越えたとんでもないバカまで出てくる。絵にかいたような貧乏白人真っただ中で、母親はウェイトレスで、4番目の夫の子供がトーニャで、トーニャをボコボコに殴るクズ。早くして結婚するが、夫もトーニャをボコボコに殴るクズ。勿論そんな状況に目を涙で濡らして耐えるしおらしいトーニャではなく、当然のごとく殴り返してました(本人は否定してるけど)。貧乏白人要素がすごい勢いで積み重なっていくが、ただトーニャは東映のスケ番映画の主人公みたいな描かれ方をしていて、宣材ポスターの片足投げ出して座っているのがよく表してると思うが、とにかくカッコいい。スケートのスタイルも、運動能力にものを言わせ芸術点はぶん投げた、野良犬ケンカ殺法スタイル。空手ダンスなんぞできるかという大山ケンカ空手で、当然審査員の印象は悪い。ナンシー・ケリガン襲撃事件の後のオリンピックではナンシー2位でトーニャ8位に終わるが、ナンシーの滑りに対して、それもしかすると空手?と、野良犬の噛みつきっぷりで、俺は終始うっとり顔で観ていた。スケートの際の選曲がZZ TopのSleeping Bagというのが素晴らしい。
スケート協会から君品格ないじゃんみたいなことで敬遠させるのだが、これはいわば先公が不良の前で優等生を持ち上げるみたいな。なんで優等生が持ち上げられるかというと、優等生というのは他者から求められる役割を内面化した、そいつにとって都合のいい存在なわけで、いわばロボットみたいなもん。そんなもんはクソ食らえと、野良犬道を驀進するしかないトーニャはカッコいいに決まってる。まあ優等生になろうと思ってもなれない人だからそれ以外の道はないのだけども。この映画観てて、梶原マンガでマイホーム野郎なんぞはクソと教えられてきた俺がトーニャを支持しなければ誰が支持するんだという、そんな気持ちになっちゃった。
トリプルアクセルの時とボクシングで吹っ飛ばされた時とが全く同じ構図で、同じく歓声も起きるがその意味は違っている。みんな英雄と憎まれ役を求めていて、ナンシー・ケリガン襲撃事件の後はO・J・シンプソンの話題に移っていたのが象徴的だ。そんな中、最後は心の中で中指立てて終わるこの映画のトーニャは死ぬほどカッコいいと思います。ただトーニャはみんなから愛されたいと思っていて、特に母親から愛されたい。子供から将来あなたみたいになりたいんです、サインして下さいと言われた時に本当に嬉しそうな顔をしていた。

他にもこの映画には素晴らしいほど度を越えたバカが登場するので必見だ。あのバカデブは誇張でも何でもないということがエンドクレジットでよく分かる上に、ナンシー・ケリガン襲撃事件もバカが起こした当然の帰結のバカの集大成で、ファーゴ的にバカが輝いている映画である。たとえルリルリじゃなくてもこう言いたい、バカばっか。
マジでトーニャ・ハーディングさんとか1ミリも知らなかったんですけど、女子で初めてトリプルアクセルを成功したマンのお話です。
オリンピック出場をかけたライバルへの襲撃事件を色々な人物の回想から再構成した作品なんですけどね、むちゃくちゃ面白かったですね。
まずはマーゴッド・ロビー凄いっすねw そらもう「ウルフ・オブ・ウォールストリート」や「スーサイドスクワッド」のハーレイクインとかも素晴らしかったですけど、そういうのとは全然違う役柄だけど魅力的だしスケートのシーンも説得力があって最高でしたね。
映画全体はもう完全にスコセッシの「ウルフ・オブ・ウォールストリート」的というか、ナレーションとかガンガン使いつつ食い気味に当時のポップソングとかクロスオーバーさせて、パッパッパッとストーリーがテンポよく進むっていう。それでいて登場人物がいきなり客席に話しかけるような第四の壁を突き破るような演出もありで独特のリズムの映画ですよね。
そうしたなかでまあコーエン兄弟の「ファーゴ」を思わせるような「はじめはちょっとした出来心で始めた悪事が、もう想像を超えて収拾のつかない状態になってしまう」系の話も面白かったですよ。犯行シーンとかマジで頭おかしいと思いましたし、もうあのデブも最低で最高でしたね。
この映画、色んな登場人物の証言を再構成して作ってるんですけど、映画本編では役者がその登場人物を演じて証言するっていう形式、要はお芝居で話が進むんですよ。
だから「こんな登場人物さすがにおるわけないやろw 実話を元にした映画的脚色でしょ?w」とか思ってヘラヘラしながら観てるんですけど、エンドロールで実際の登場人物が出てくると「ええ...脚色じゃなくてマジのアホやんけ...。こんな奴実在するんか...w」ってビビりましたわ。
そして最高なのはエンディングですわ。これもまさに「ウルフ・オブ・ウォールストリート」的な素晴らしさなんですけど、「トーニャ・ハーディングがトリプルアクセルを初めて成功させた、トーニャの人生においておそらく最高の瞬間」と「現在のトーニャが晒している、言ってしまえば見っともない姿」を上手ーくカットバックさせて見せるわけですよ。
もうこれが美しいやら見っともないやらでぶへぇ...っていう。
このシーンが何故これほど素晴らしいシーンになってるのかって話は小一時間出来ますけど、控えておきますね。
そして最後の最後、トーニャがある行動をしてね、象徴的な画のままパッとタイトルが出て素晴らしい間でパッと音楽が流れるこのキレ味ですよ。
「人生の最高地点は既に通り過ぎてしまった、もうこの先あれほどの輝きを放つことはないだろう...。それでも人生は続いていく...。」という着地がまさにエンディングで行われるあるスポーツの性質も相まって「でも、やるんだよ!」的な着地で大好物でしたね。
>|