アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度…

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度は栄光を掴みアメリカ中から愛され、そしてフィギュア界から追放され、プロボクサーへ転身したトーニャの波乱万丈な半生を描いた物語。

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

あむ

あむの感想・評価

2.8
見たかった映画だったので見れてよかった
実際起こった事件だと思うと気が強いとはいえどトーニャが気の毒だと思った

私自身、スポーツ選手は“親が子供に才能を与えるチャンスを与えるものだ”と思っていたため、変に「あの子が頑張ったから」とか「あの子には才能が元からあった、私は何もしていない」など言われるより、
トーニャの母親が「私が才能を与えたんだ!」と強く言ってくれたのでスッキリした。

才能(ギフテッド)に出てたマッケナ・グレイスがトーニャの子供時代を演じててなんかよかった、彼女はここでも才能をもらっていた
それぞれのシーンにぴったりの1980年代?の名曲の数々が挿入されていて、なんだか往年のロックミュージックが流れるバーに来ているかのような感覚を覚えた。更に、クレイジーという意味でロックなトーニャのマザー、夫ジェフ、ジェフの友人シャーンが真面目な顔で奇行を繰り返すから、何度も笑わされた。

フィギュアスケートをただただ頑張りたいトーニャの人生をロックな人生に変えてしまう。環境に恵まれていればオリンピック金メダルもあり得たのかなぁと思いました。。。本作で描かれている内容の真偽の程はわからないが、一つ言えるのは、マーゴットちゃんの名演技、美貌のお陰で、トーニャの味方が増えたのでは?少なくとも本作を通してナンシー・ケリガン襲撃事件を知った人の目には、トーニャは悲劇のヒロインとして認識されていると思う。
鍾馗

鍾馗の感想・評価

3.6
珍しく仕事が早く上がったので、平のポレポレで
『I,tonya』
貸切かなぁって思ったら上映直前に知り合いの女性が。
期せずして貸切映画デート。ラッキー。

本編はスラングの連発。
何かと言えばF◯CKとかS○ITとか。
現在の トーニャ・ハーディングやあの頃彼女の周りにいた人たちが『あの事件』を 回顧するかたちで話が進みます。
トーニャは周りにいた人間が悪かったな。

それにしても似ている役者を見つけてくるもんだなぁ。
トーニャのおっかさん最高。
なかなか面白い作品でしたよ。
脆くてギリギリの精神で保っている天才って大好き。トーニャが脆くてバカで、いいんだこれが。構成はまぁまあ。
それよりも役者陣がズバ抜けていた。演技を見るだけでも良きです。
haru3u

haru3uの感想・評価

3.5
1994年の冬季オリンピックを前に、フィギュアスケート米代表であり金メダル有力候補だったナンシー・ケリガンが、何者かに襲われる事件が発生した。怪我を負い選考会を欠場した彼女に代わり優勝したトーニャ・ハーディングは、襲撃事件への関与を疑われることに。

彼女の周辺の人物がそれぞれの視点で事件の真相を語りますが、口を開けば悪態ばかりか直ぐに手が出る、超弩級のお馬鹿と間抜けとぶっ飛んでる人々ばかり。
トーニャ自身も堂々のダークヒーローっぷりですが、それ以上にママとショーンは強烈でした。。そんな人物を並べて嘘つきはだあれ?って。勿論語り手みな全く信用できません。
が、彼らのめちゃくちゃな行動に呆れつつも、悲しいやら可笑しいやら、心底嫌いにはなりきれない不思議。

世間のバッシングを一身に受けながらも、これだけは真実と言わんばかりに、大舞台でトリプルアクセルを成功させたトーニャ。過酷な生い立ちと環境に歯を食いしばり努力を続けた彼女のスケート人生を思うと、一瞬の輝きが尊く感じます。
sss

sssの感想・評価

4.3
これ…経済格差とか不平等なスポーツ界へ問題提起する話かと思っていたんだけどホワイトトラッシュ 層に寄り添っている視点で描かれていてよいです…
マーゴットロビーのコミカルな表情もトーニャの人物像を魅力的にしてる。
 ライバルの襲撃事件に関与したとして一大スキャンダルを巻き起こした実在の女子フィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングについての伝記ドラマ。
 伝記…なのですが、登場人物たちが「信頼ならざる語り手」たちだらけで、それぞれ言ってることに矛盾があり、いわゆる『藪の中』方式の手法を取られている。
 そのように、当事者たちが当時を振り返って語るドキュメンタリー風の構成でありながら、第四の壁(カメラ)に話しかけるシーンがあったりと、演出に工夫は見て取れるのですが、そういった小技を使って結局何がしたいのか、何を伝えたいのかがよくわかりませんでした。

 つまり、トーニャの真実を伝えようとしているのか、彼女と彼女を取り巻く人間たちの波乱に満ちた人生を描きたいのか、はたまたお騒がせなトーニャの人生をシニカルに笑わせたいのか、映画のテーマが見えてこなかった。そこらへんを曖昧にすることこそが作り手の狙いなのかもしれないけど。

 あと、トーニャとその周囲の人々らの行動があまりにもバカすぎて笑えない。実在の人物ゆえに、彼らを笑うことに躊躇いを感じてしまったのもある。それがリアリティにつながっているので評価の分かれる所でしょうが。

 出演者の演技は素晴らしかったです。トーニャを演じたマーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役の子!)も良かったけど、何より、憎たらしくふてぶてしい母親役のアリソン・ジャネイが最高でさ、アカデミー賞助演女優賞受賞も納得の怪演でした。
でも、個人的にはメッセージ性に乏しく、ただ作っただけ、という印象を受けてしまいました。いや、いい映画なんですけどね。
chikawo

chikawoの感想・評価

-
すごかった。
実録モノとしても母娘ものとしてもすごかった。
マーゴット熱演でしたが、彼女は素の人の良さを隠し切れませんね。
>|