アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

duna

dunaの感想・評価

3.3
伝記とは思えないぶっ飛び方。妄想癖のデブが本当に胸くそ悪いんだけど、最後に本人が出てきたときはむしろ感動すらした。
Mkemsd

Mkemsdの感想・評価

3.8
マーゴットロビーがバイオレンス女優になっていく。でも本当にうまい。体型とか見た目の作り方がすごい。
マサル

マサルの感想・評価

3.0
マーゴットロビーのふてぶてしさ。つきあう人間は選ばないと人生ダメにするって話
一

一の感想・評価

-
むちゃくちゃ面白い。ホワイト・トラッシュ(画面の中で観ているぶんには)最高~。4歩先行くデブと愉快な仲間たち、ノンフィクションとは思えない凄まじいアホバカマヌケっぷり。エンディングでデブ本人出てきたときには感動すら覚える。母ちゃんマジで肩にインコ乗せてるし。それを演じたアリソン・ジャネイの目つきには恐怖しか感じない。事件後に訪ねてくる件で「モンスターとはいえやっぱり親なんだな~」とちょっとグッときたところであの展開。ひどすぎ。鏡の前で必死に笑顔を作り奮い立とうとするトーニャ『レイジング・ブル』じゃん。DV夫への反撃もたくましくて惚れ惚れ。エンディングでもスコセッシばりのキレで鳴り出すスジバンかっけ~。
629

629の感想・評価

4.0
ぜんぜん期待してなかったけど、とても楽しめた。名画座では、併映の作品目当てだったが、断然こっちの方が面白い!
エンタメ作品としては、トーニャの演技シーンは(多少CGの荒さが気になるものの)トーニャの選曲と相まってかなりテンポがいいし、昨今の「“真実”とは?」というテーマそのものが題材なだけあってエンタメだけに終わらない何かを残してくれた。
彼女がボクサーになったっていう“事実”はなにか強烈な“真実”への爪痕のような気がする。
インターネットで何が“事実”で“フェイク”かなんて言ってる暇ないよ。

役者もいいです!特にトーニャ役と母親役。すごいエネルギー。
おひげ

おひげの感想・評価

3.0
映画「アイ,トーニャ」を観た。伝記ものだけど説教臭くなくてパンチ効いてた。
夢も希望も、奇跡もただでは絶対に起こらない。
どんなに惨めで悲しい気持ちになったとしても、後の人生を切れた靴紐のせいにしちゃいけないって。
あと、やはりデブは信用ならない。
201811新文芸坐
普段はフィギアスケートに興味もなければ、モデルとなった人物・事件のことも知らなかったがとても楽しめた。
これが誰かの創作した物語だったら単なるギャグだが、事実を基にした話だと言うから、まったく「事実は小説よりも奇なり」であ〜る。

このレビューはネタバレを含みます

こんなに悲しくてやるせない気持ちになったのは初めて。でも、トーニャがマウスピースを拾ってもう一度立ち上がった姿に少しだけ救われた気がする。

誰からも愛されない寂しさとか、経済的に苦しい生活とか、彼女を取り囲む環境は明らかに残酷だけど、トーニャは決して「可哀想な人」には見えなかった。上手く言えないけど、彼女の人間的な強さと弱さの両方を強く感じたからだと思う。
>|