アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

アホとマヌケとキチガイを並べて、本当の事を言ってるのは誰でしょう?と問うようなヘンテコ映画!

アリソン・ジャネイ演じる母親のトンデモナイ鬼教官ぶりは最高で、最後の最後までブレない凄まじさは痛快です。肩に鳥を乗せた奇怪な姿も、実は本物そのままというのは笑いました。

そして、何と言ってもマーゴット・ロビーの魂がこもった熱演。これだけは真実と言わんばかりの"演技"には圧倒され、涙でスクリーンがぼやけてしまいました。

編集のテンポやモノローグ、曲使いなどから『グッドフェローズ』と評されるのは納得です。ただ、それは表面的な意味で、内容に関しては『レイジング・ブル』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ブギーナイツ』なんですよね。

人間の弱さや愚かさには味わいがあるし、ドン底に堕ちても心だけは折れない姿は尊くもあります。出てくる人が満遍なく信用ならないけど、決して嫌いにはなれない豊かさがあります。ある種の人間讃歌で、そこが本当に好きです!
当時のニュースを見てた人がこれみたらすごく面白いんだろうなあ〜。
KaitoFuji

KaitoFujiの感想・評価

4.1
お母ちゃんがパェンク杉。濡れた
軽い気持ちで見たこの映画は「優勝」そのものだった。
まみーの暴言がレパートリーありすぎてヤベ、よくもあんな次から次へとでてくるもんだ芸術かよ。

改めて日本語という言語の暴言、誹謗中傷の少なさに驚かされる。これは字幕では伝えきれないのもシャネス。
petipetite

petipetiteの感想・評価

3.2
波瀾万丈という言葉がこんなにしっくり来るアスリートもいないのではないかと思った。

飛行機で視聴。
shima56

shima56の感想・評価

4.0
@キネカ大森 名画座二本立 18.11.09
18'劇場鑑賞41本目
当時を知っている世代です。
何か本当で嘘かは分からないけど、
毎日毎日日本のワイドショーで騒いでました。
とにかく、登場人物全てバカなので、誰にも感情移入出来ずに見れました。

ただ、フィギュアファンとして、世界で二番目、アメリカ人初のトリプルアクセルを跳んだ選手が、スケートを奪われるのは、切なく感じます。
アメリカ人2人目は、昨年の長洲未来。
それを考えたら、伊藤みどりや浅田真央と同じ世界的レジェンドなんですけどね。
登場人物全員バカのオリンピック物語。ラストシーンは本当にノックアウトされました。
okke

okkeの感想・評価

-
2018年11月 キネカ大森にて 併映『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
マーゴット・ロビーがすごい
ほかの出演者の再現度も
女性は強いなと思った
トーニャが演技をやりきったときの表情が圧巻

このレビューはネタバレを含みます

この映画が、事実だとしたらトーニャはなんて不運なんだろうと思う。直接、襲撃には関与してないのにあんな罪に問われるわけ?スケートしかない、しかも類まれな才能を持った女性が協会からも追放され、生きるためにボクシングやらいろんな事に手を出す。現在は子供と幸せに暮らしているという事で救われたが・・。実際、本当の所はどうだったんだろう?DVの事もよく描かれていた。何度も暴力を振るわれながら、元のさやに戻ってしまう。実際起きた出来事を詳しく描いた、そういう印象の映画でしかなかった。
>|