アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度…

貧しい家庭にて、幼いころから厳しく育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。その才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫であったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生の転落が始まる。一度は栄光を掴みアメリカ中から愛され、そしてフィギュア界から追放され、プロボクサーへ転身したトーニャの波乱万丈な半生を描いた物語。

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

アホとマヌケとキチガイを並べて、本当の事を言ってるのは誰でしょう?と問うようなヘンテコ映画!

アリソン・ジャネイ演じる母親のトンデモナイ鬼教官ぶりは最高で、最後の最後までブレない凄まじさは痛快です。肩に鳥を乗せた奇怪な姿も、実は本物そのままというのは笑いました。

そして、何と言ってもマーゴット・ロビーの魂がこもった熱演。これだけは真実と言わんばかりの"演技"には圧倒され、涙でスクリーンがぼやけてしまいました。

編集のテンポやモノローグ、曲使いなどから『グッドフェローズ』と評されるのは納得です。ただ、それは表面的な意味で、内容に関しては『レイジング・ブル』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ブギーナイツ』なんですよね。

人間の弱さや愚かさには味わいがあるし、ドン底に堕ちても心だけは折れない姿は尊くもあります。出てくる人が満遍なく信用ならないけど、決して嫌いにはなれない豊かさがあります。ある種の人間讃歌で、そこが本当に好きです!
【氷上を統べる彼女の滑りをご覧あれ】

トーニャ・ハーディングのリレハンメル五輪事件の真相を振り返る話。物語の所々に現在のトーニャやその周りの人の語りが入る。要するに、ドキュメンタリーのような形式だが逆にそれが良い効果を生み、まず、圧倒的に話として面白い。
この面白さはきっと、演出によるもの然り、トーニャの生き様とその周りのクズ人間達によるものだろう。

まず演出についてはこのドキュメンタリー形式。リレハンメル五輪事件に関わる物語と、その間に挟まれるトーニャ達の語りの内容が矛盾していること。つまり、誰が真実を言っているのか、この物語は正確なのか、観客にとってはわからない。ここにこの映画の醍醐味とも言える面白さがある。
加えて、音楽やカメラワーク。リンクの上の彼女の映し方は勿論のこと、ラストでは彼女が血を吐き出す、そしてその血をアップで映し出す、もう格好良くて圧巻。そこからのエンドロールも良かった。エンドロールで流れる、実際にインタビューに使われた当時の映像を見ると、まさに映画内で使われた内容とそのままで、それもまた面白い。

次にトーニャハーディングとその周りのクズ達。
トーニャはとにかく格好良い。困難を抱え一人で苦しみながらも、誰にも媚びることなく強く生きている。なかなか周りに良い人に恵まれず、そんな環境でただスケートをする姿。そんな世間に「Fuck you! 糞食らえ!」なんて吐き捨てちゃう彼女は憧れだ。ラストは、同情を求めることなくやりきったような表情で清々しい。だから、トーニャは確かに辛い待遇を受けたが、そこに憐憫の情は湧かなかった。
トーニャの周りのクズ人間。最低の男二人、ジェフとショーンが店で話し合うシーンなんて本当に楽しい。ショーンは本当にシラフの状態であれなんだからやばい。笑っちゃう。

本当にあった話だということもすごい。この作品の外にも彼らの人生は広がっていて、皆大変な暮らしを送っている。真実はやはり皆それぞれ違うように映るのだろう。結局、本当に真実がこの映画のままだったのかもよく分からない。
とにかく、一瞬だけではあったがトリプルアクセルを成功させ、氷上を統べた彼女の演技には圧巻だ。

トーニャは世界で2番目にトリプルアクセルを成功させたスケート選手だが、実は史上初は伊藤みどりだったらしい。すごいぞ日本。
Garu

Garuの感想・評価

3.7
これ本当にあったの?と何度か疑う

当事者たちのインタビューから制作している話の、そのインタビュー部分や、こちらに語りかけてくる演出がよかった。

まさしく嘘みたいなホントの話の、異常性がじわじわと感じ取れる。やっぱり特にお母さんが全編通して好き。

それぞれが自分の都合の良いように解釈し話すが、隠そうとしていると言うより、本当にそうなんだと思う。
物事は人それぞれの見方によって変わると言う事。

ラストシーンでまた「ウソだろ!?」と思う。その前の彼女の悲痛な願いからのあのシーンはなんだか前向きな意味も含まれててすごい。
大問題物語としても面白いし、スケートシーンもすごい。色々見ごたえがある作品。

個人的にスポーツとして、フィギュアスケートの採点には昔から疑問がある。たまに言われている事だが…
マーゴットロビーの手のつけられないレベルの演技クオリティとキメ顔のカッコ良さ
さらに母親役のキマリ具合

…とか、そういう見どころがエンドロールの数十秒で全部ふっとんでどうでもよくなっちゃいました
映画館であそこまで笑いが込み上げて声を抑えるのを必死になったの初めてです

実話ベースでよくある「実際の映像をエンドロールでチョロチョロっと流す」ってだけなんですけどね
本編で脚色だと思いこんでたのが「本当にそうだったの!?」となって笑い死にするとこでした


母親の肩にインコww
AnnaUtsumi

AnnaUtsumiの感想・評価

3.7
パワフルな主人公の物語としてすてきな構成と演出だったのではないかと思う。
スキャンダラスって言っても本人からしたらなるようになってるだけなんだなあ。
アライ

アライの感想・評価

4.1
かなり良い!スピーディにコロコロすすんでく。どおしようもねえ旦那だ、、セバスチャンスタン👏🏼👏🏼
トーニャについてウィキペディアで調べます
トーニャはめちゃくちゃ強い人だと思う!
だけど、そんなトーニャでも、あそこまでメディアに追い込まれと、メンタル的にやられてしまって見ていられなくなった。
本人は誰かに頼りたいし話したいのに、
なぜか周りにいる人は、変な人ばかりで、結局トーニャの為にならない事ばかりで、かわいそうだ!
誰かトーニャにちゃんと寄り添っていてほしいと思ってしまった。
最後の審判を受ける時は、見ていられなかった。
スケートがとても好きなだけなのに!
構成、音楽、場面の切り替えともに、
とても良くすごく、見応えがある作品でした。
いっしょに観てくれた人も、一押しの作品です。
oror

ororの感想・評価

4.0
スケートだけで頑張ってきたのに夫のせいでスケートを奪われるの切ない。
環境が人を形成する。
才能ある者はのし上がる事も出来るが、身にまとわりついた汚れや垢は綺麗に捨て去らねばならない。
さもないと足を引っ張られても仕方ないし、甘っちょろい優しさや期待などに惑わされるべきではない。
そんなどん詰まりを軽やかに見せてしまう演出がなんとも絶妙。

エンドロールでパッセンジャー。
選曲もさることながら、バージョン違いも憎い。
本年度ヒットメドレータイプのサントラでは断トツのハイセンス。

実録映画の怪作。
>|