アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

miyuki

miyukiの感想・評価

3.4
大多数に支持されたものが主流になるだけで、真実はいっぱいあって、どれを信じるのも個人の自由だけど、1つのものを絶対的とするのは危険だな、うん
才能を生かすも殺すも、生まれ育った環境とどんな人と付き合っていくか次第なのかなぁと。破茶滅茶な選手人生だったかもしれないけど、失敗や絶望の先には新しい出会いや展開が待っているんですね。
アスリートって大変
ろっち

ろっちの感想・評価

3.8
実話。フィギュアをよく見てたので知っている話でした。日本でも連日ワイドショーを騒がしていました。
スケートは勿体ない人だなぁと思ってた。トーニャは力強いが雑な印象でした。マスコミも擁護派と敵対派と別れてた。
私的には、ナンシーの方が柔らかく女性らしい滑りをしてた。
面白く映画にしてる。もっとドロドロだったと思う。ちょっと美化してるかなぁ…との印象でした。
だってよく話聞いてると、真相にはほとんど触れてない。ま、映画としては良いが、真実が知れると思ってた分期待外れかなぁ?
観る側の心構えで評価が変わる映画でした。当時のフィギュア知らない人は面白いのでしょうね。いや私も面白いと思いましたが…
まぁ多くは語るまい(笑)
事実を元にドキュメンタリータッチで進んでいく映画。

母親がいい味出してる!

登場人物みんなアクが強い!!

テンポ良く面白い。

最後のスタッフロールで実際の当時の映像が流れる所もなお良し!!
帰省した子と家族で鑑賞♪かなり面白かったノ当時アメリカで大きな事件・ニュースだった記憶‥マーゴット・ロビーがトーニャを再現⛸最高👏テンポよく展開♪這い上がろうと逞しく戦う彼女~真実はよくわからないが‥スケートのシーンは圧巻✨あんなに凄かったんだ!!そりゃ全米代表だものね⛸
liry

liryの感想・評価

3.5
登場人物、みんなクソすぎるんだけど、テンポが良くて面白い!
アリソン・ジャネイ、オスカー文句なし!
マーゴット・ロビー可愛すぎて全く飽きない。
しかし、ジェフを演じたセバスチャン・すたんが、満島真之介に見えて気になってたまらんかった。
souma

soumaの感想・評価

1.2
“Triple axel, everything change.”

※この作品にはクズしかでてきません。

スポーツ関連の作品が続きますね。

アメリカ人初のトリプルアクセルを成功させたトーニャ・ハーディングと
その周辺人物の実際のインタビューを交えながら進んでいく
ドキュメンタリー風ドラマ。

本人たちのコメントをもとに
脚本を作っているのに
トーニャとその元夫のジェフの意見が食い違いすぎてて
結局、真実は闇の中。

この事件についてまったく知らない僕が思ったことは
壮絶なスケート人生っていうのはわかったけど
結局これなにを見せられているんだろうってこと。

トーニャとジェフが
自分の言い分をいいようにしか言わないインタビューを観ていると
泥沼裁判の裁判員でもやってるかのような気持ちになる。

創作物なら着地をいかようにしてもいいと思うけど
これって実際に当時起こったことを再現してるわけで
この作品としてどう着地させたかったんだろう。
真実を解明したかったのか。
トーニャを美化させたかったのか。
あのデブが全部悪いみたいな罪の擦り付けがしたかったか。

これだけ自分のいいようにしか言わないインタビューをみてると
この作品をそのまま受け取っていいとは思えないし
あの襲撃事件ですら
トーニャ達が指示したのではと逆に思えてしまう。

作品としての着地が行方不明で
最後までみてもただ不快でしかない。

トーニャについても
なにもかも人のせいにする性格はくそすぎるし
ラストの捨て台詞も
いまだにまったく反省していない屑人間すぎて不愉快。
煮豆

煮豆の感想・評価

3.5
お母さんの怪演。
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.7
テンポが良い!トーニャハーディングに関してはスキャンダル続きで、泣きながらスケート靴を審査員席で見せてた、くらいの記憶しかないけど引き込まれた。悲劇的な出来事を見事なコメディに仕上げてある。
登場人物見事にクズばっかりなんだけど、胸クソではない映画なのは、トーニャの不屈の精神のおかげかな。母親の見事な毒親っぷりは圧巻。
プロローグでフィギュアのことを「女性を前時代的な規範に閉じ込めようとするスポーツ」的なこと言ってたり、中盤の審判との「君はアメリカのアピールしたい"良い家庭像"からかけ離れているから(評価されない)」というやりとりが印象的だった
>|