アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダルの作品情報・感想・評価

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル2017年製作の映画)

I, Tonya

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」に投稿された感想・評価

Kuwataro

Kuwataroの感想・評価

4.2
マーゴットロビーが見たくて鑑賞。
周りの環境のせいにもしたくなる。
毒母だけどスケートをさせて貰った事には感謝かもしれん
おもろかった。コミカルに見せて笑えるシーンもちらほら。
けど、これは俺の性格の問題やけど、見ててとても心が苦しくなった。
ほんまにほんまの事実は本人達にしか分からへんけど、人生をかけてオリンピックに出れるほど努力したのになー。
ジャケットが気になって鑑賞。
育ちは選べないもどかしさ。
環境を移れるかも大きな課題。
ドラッグが絡まないリアルトレインスポッティングのようでした。
賛否が別れそうな映画だけど私は観てよかった。
ナンシー・ケリガン襲撃事件を知らなかった分、楽しめました、主演のマーゴット・ロビーの演技がいいし、スポーツものでは珍しく、競技シーンがすごく上手く撮れています。

自分目線で語られて作られてるの多少美化されているのかとは思うのですが、幼少期の環境から凄い人生ですよね、あと、あの事件の事で一気にヒールになりマスコミに悪の様に取り上げられて、それでも這い上がろうとする気持ちの強さは凄いです。

一番怖いのは付き合う人を間違えるとこんなに人生を左右されることに驚きでしたね
oooo

ooooの感想・評価

3.4
毒母...
家庭は人格形成工場だなと思った。
しつけと言っても、あれはもう
ただの暴力だと思う。
親でも恋人も手をあげたら終わり。

こんなにも人に恵まれない人生は辛い。
トーニャ役のマーゴット・ロビーも
お母さん役のアリソン・ジャネイも
ハマっていた。
2019年222本目。

ユーモラス。
よく考えると結構えげつない内容だったりするのに、インタビュー形式での構成や馬鹿すぎる登場人物達で全体的にユーモラスに感じた。
まぁ、それでもトーニャの境遇や環境には同情したし、スケートを取り上げられた判決のシーンは心が締め付けられたけど。

そして、トーニャの半生を描きつつも
アメリカという国の国民性や、人間の本質を皮肉めいたメッセージを伝えてくる斜に構えた姿勢が、ラヴォナやトーニャの逞しさっぽくて好きだわ。

マーゴットロビーのビジュアルではない仕草や表情の可愛さが好きだ。
「アホの女の子」感が余計に愛おしい。
ジェフは既視感があるなーと思って、途中までは「満島真之介だ」って思ってた。
でも、後で調べたらウィンターソルジャーだった笑

でも一番笑ったのはエンディングの実際のインタビュー映像がそのまんまだったこと笑
特にシェーンの訳のわからない妄言インタビューがそのまんまだったことが笑えたわ。
SAYA

SAYAの感想・評価

3.2
ドキュメンタリー調で波乱万丈な人生なのにロックでポップに描かれていて面白かった。
トーニャのお母さんがMr. インクレディブルのメガネのおばさんにしか見えなかったけど本当にあんなにキャラ濃かったんだろうか、、、
トーニャの裁判の判決が出た時のコメントに泣いた。。
ma

maの感想・評価

4.0
面白かった。
母曰く甘ったれのトーニャも、母も、元夫も、みんなおかしくて。
実際の事件のこと何も知らないけど面白がって報道されたであろうことはよくわかる。
wada

wadaの感想・評価

-
面白かった。映画館で観るつもりが逃してしまって後悔した。やっぱり映画館で観たかったな…
かめ

かめの感想・評価

3.8
有名になり注目されることのメリットとデメリット。我々一般人からすると、有名になりチヤホヤされてお金もあって華やかで煌びやかな生活を送っている有名人は憧れで羨ましく感じることが多いけど、それなりのリスクと場合によっては一生癒えない心の傷を負いかねない。まあ、当の本人にしかわからないことだけど。
本人の身に覚えのないところで身に覚えのないことを言われて世間から叩かれて、傷ついて泣いて喚きたいのにそうすることでまた叩かれて、、、芸能人もただの人間だってことをしばし私たちは忘れるよね。その点からすると、叩かれてバッシングされまくってたけど、自分らしさを貫いた有名な沢尻エリカ氏カッコ良いというか強すぎる、、、。芸能人って憧れだけど、わたしはいいやと思った映画であった。
>|