siorinn汐鈴

ピーターラビットのsiorinn汐鈴のレビュー・感想・評価

ピーターラビット(2018年製作の映画)
3.6
いやぁ、英国最高!ブラック!バトル!

あのモッフモフの可愛いピーター君たち、畑を荒らしまくって…

そこに越してきたのは、ハックス将軍こと、不憫な役柄が今一番似合う男、ドーナル・グリーソン。

決して、決して、彼のしていることは非情なことでもなんでもなく、人間の目線からすれば、ごくごく当たり前。

しかし…

目線をうさぎさんたちにしてみれば…

時事でもあるけれど、心を素直に、悪いことはちゃんと謝るということ。
今はそれができない、どうにか自分がその責任を逃れようとする悪い大人の多いことよ。

それに比べると、うさぎさんたちの可愛らしいこと。

笑えるけれど、ちゃんとツボは押さえつつ、何より、動物さんたちの質感、特にピーター一家、ちょっと悪巧みする顔ですら愛らしい。

コンパクトにきちっとまとまっていて、英国の緑深い田園風景も楽しめて、見て損はない作品でしたよ。