tsuta

ピーターラビットのtsutaのレビュー・感想・評価

ピーターラビット(2018年製作の映画)
4.5
めちゃくちゃ笑った。

パディントン並みに可愛いモフモフがたくさん堪能できます。
ただ、紳士で友好的なパディントンと違って、この作品はマッドで好戦的なウサギさんが主人公なのです。

原作は読んだことないのだけど、こんなにブラックコメディ色強いんだろうか。
もっとファンタジーなのを想像してた私やお客さんに向けて、「この作品はファンタジーじゃないよ」って説明がいちいち入るのがニクい。
そしてピーターも第4の壁を越えて「怒らないでね」って言ってくるあざとさ。

そういうニクい演出や、人間を憎む原因が分かった上で観てるので、こちらも「やったれ!やったれー!」という気持ちになる。
どんなにエグいことしてても動物には“かわいい”という最強の武器があるので敵わないよ〜

うさぎ以外の動物もみんないいキャラしてて笑っちゃう。ニワトリ好き!