koya

ピーターラビットのkoyaのレビュー・感想・評価

ピーターラビット(2018年製作の映画)
3.5
絵本のピーターラビットは確かに実家にあったと記憶しているけれども、果たしてこんな内容だったっけかと考え込んだ。コメディタッチは意外に嫌いでなく、マグレガーがプロポーズしかける件なんかは吹いてしまったけど、何というか、作品全体に横たわる軽さみたいなのがとにかく不気味だった。血で血を洗うシマ争いみたいな本質を全く覆い隠すようなペラッペラで軽快な感が、たぶん万人受けはし易いという意味では良さであり、でも不気味な怖さは残っている。エンドロール後のうさちゃん画像集さえも何か怖かった。