しゅう

ピーターラビットのしゅうのレビュー・感想・評価

ピーターラビット(2018年製作の映画)
3.7
字幕版を鑑賞。

動物全般に興味は無いし、ピーターラビットに関する知識もゼロだが、予告編から伝わる「人間と兎のドタバタハートフルコメディ」というイメージを遥かに超えるエグい映画という噂を聞きつけて劇場へ。

確かにマクレガーとピーター以下兎軍団との争いは、トムとジェリーチックな仲良くケンカと言うよりは殺し合いの領域に入っており、ある種社会的弱者のマクレガーを痛めつけて嗤うのはイジメ芸の匂いもする。

また、「動物を擬人化して愛でる」事への批評的な視点がたっぷり盛り込まれているのも面白かった。