成川ジロー

ピーターラビットの成川ジローのレビュー・感想・評価

ピーターラビット(2018年製作の映画)
4.6
素晴らしい。
ハイローとかガチで殺しに来てるとか狂気とか、ビジュアル滅茶苦茶可愛らしくてほのぼの系映画かななんて思ってたのに聞こえてくる評価がやたら物騒でハイで熱量があって当初ノーマークだったのにこれは見なければと思って見てみたら最高でした!
個人的には大人vs可愛いもふもふうさぎの狂気と殺意に満ちたホームアローンて感じ!はっきり言ってピーターたちは凄い可愛いし、それに匹敵するレベルでマグレガーも可愛い!!そして両者共に過激!プライベート・ライアンを参考にしたと言う戦場の爆発シーンは壮絶!笑 それらのキャラクターが動いているのが本当に滅茶苦茶楽しかったし、ギャグはちゃんと笑えるし、天丼電気ショックとか超面白いし、実はお話もちゃんとできていて、主人公が自分の行いを悔い改め、憎むことしかしなかった敵に謝り赦しを得て共に行動し愛する人に赦しを乞う。悪ふざけしかしてこなかった主人公が、ちゃんと謝ることができるようになる成長物語。敵と激しく争いつつ、最後は敵と共に成長するのが本当に良い。ラストの謝罪でスイッチ押すシーンは笑ってしまいながらも可愛く、ちゃんとほっこりできる。
音楽も風景も素敵。
本当に素晴らしい害獣映画でした!!笑

出てくるキャラクターみんな何処かイカれてて過激で、ビアも正直ちょっとイカれてると思うし、主人公ピーターラビットたちは言わずもがな。実は一番誠実で優しいのは敵のマグレガーだけど、マグレガーもおかしい部分は持ってる。本当にみんな目が離せない。
妹たちも良くて、特にカトンテールが好き!こいつヤバい!可愛くてイカれてて最高!肋と足の骨云々のシーンと戦化粧して高揚してるシーンほんと好き。超可愛い!超脳筋!笑

吹き替え、字幕と二回鑑賞したんですが、自分が字幕派と言うこともあり、字幕の方が楽しめた。2回目に字幕版見て一番驚いたのが、鶏のセリフが千葉繁のいつもの悪ふざけだと思ってたのにそうでは無かったこと。外国にも千葉繁みたいなやべえ声出すやついるんですね。そっくりでした笑

もう一回見に行きたいな。