ピーターラビットの作品情報・感想・評価・動画配信

ピーターラビット2018年製作の映画)

Peter Rabbit

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:95分

3.7

あらすじ

「ピーターラビット」に投稿された感想・評価

こんなに可愛い見た目なのにガンガン殺意あるし、やたら骨を折りたがるうさぎとか出てくるし、全然アウトなのにおしりの可愛さで全部許されてる。

ビアのお洋服の花柄たちめちゃくちゃ可愛いかった。
masa

masaの感想・評価

3.5
『ピーターラビット』の実写映画化作品
住処に家を建てた人間と畑を荒らす害獣たちの争い
隣人の女性画家は原作者を彷彿させる
イギリスらしいブラックなコメディー
BGMの選曲が良い感じ
摺り脚

摺り脚の感想・評価

3.0
 
 「これって、うさぎというより、ああいうUMAだよね?。」


 …


 
 劇場公開当時から「予想より大人向け」とか「狂ってる。」だとか噂くらいは聞こえてきてて。気にはしてたけど劇場にお金払う気はなくて。
 で、先週の地上波を見逃したんで、それきっかけでサブスクにて。

 うん、たしかに。
 このリアリティラインの引き方は堪らんね。冒頭からモロモロ普通には受け入れられないレベル(笑。
 さらにクライマックスでは「しゃべった?」とか、ついに言語でのコミュニケーションまで。ここまで突き抜けてくれるんであれば肯定的にしかなれない。来週公開のパート2は劇場に行ってもいいかな?、と。

 しかし、これを観た後はイラストが描いたグッズにもうホッコリは出来ない。これまでピーターラビット推してきた某社とかはこの映画にどう思ってるのかねー。
 日本で作ったらぜったいこうはならない方向へ「これはどこまでいくのか?」という昨今のグローバルな世界ではなかなか感じることも少なくなった異人さんとの感覚の差を味わえました。

 なんだかんだと楽しんじゃって、集中力が途切れずに一気に観終わりました。(家で映画見ると休憩入れちゃいがち。)

 ジェイムスマースデン(サイクロップス、ソニック、スーパーマンリターンズ…)に並ぶ代表的なダメ男になれるか?、いや今後それでいいのか?ドーナル?(グリーソン)


 
イタズラ好きのウサギvsウサギ嫌いの人間。

可愛いだけじゃない、賢いウサギたちが陣地争奪のために暴れまくる。

だけど、イタズラもほどほどにしないとツケは自分にまわってくる…かも。

のんびり見るにはちょうどいい、のほほんアニマルムービー。
動物たちのビジュアルはリアルめで好みは別れそうだが、個人的には可愛いと思う。
なんか、無性にモフりたくなる衝動にかられる気が…(笑)

ちょいちょい入る歌がノリノリでいいね。
えの

えのの感想・評価

3.6
POPな覇権闘争。
モフモフ可愛い。
【派閥争い】

[気まぐれ映画レビューNo.85]




"ビアトリクス・ポター"原作の児童書を元に、子供向けでありながらも少し刺激がある、面白おかしい"コメディ"に仕上げたのが本作である。監督は「小悪魔はなぜモテる」や「Annie」などの"ウィル・グラック"だ。

「実際の原作の「ピーターラビット」はどんな感じなの?」と思うかもしれないが、原作も実は結構まんまなお話で、まさに「ホームアローン」や大人に言わせれば「仁義なき戦い」…「ヒート」のような、これまた大人に言わせればまさに"派閥争い"のウサギと人間版のような物語になっている。
元々"動物達の土地"だった所に、人間が木々を切り倒して開拓していくと言う、"自然界の厳しい現実"と動物達の"もどかしい気持ち"をビアトリクスが分かりやすく表現した作品なのだ。

そんな「ピーターラビット」が、ハリウッドやイギリス、オーストラリアのスタッフがとても面白い実写化にしてくれたのだ。

まず、やはりウサギ達や動物達のキャラクターがとても面白い。ピーターはとてつもなくお喋りだし、"三つ子の妹達"はたった数秒の差で生まれたのにどちらが姉なのか決めようとしているし(あと一部は少し間抜け)、従兄弟の"ベンジャミン"はピーターにパシリに使われてる(本人もそれが好きなご様子)。そして他の動物達の中ではニワトリとヒヨコたちが面白かった。
人間達で言うと、"ビア"はピーター達の保護者的な役割を果たしながらも、ピーター達と"マクレガー"の"今後を左右する"重要なキャラクターとしてちゃんと機能していた。
そしてマクレガーも、実に恐ろしい悪役でありながらも、"共感も生む"キャラクターにもなっている。

全体的に実に"飽きが来ない"作品になっていた実写版「ピーターラビット」。動物達のCGも気持ち悪すぎなかったり、原作を充分に活かしている内容もとても好きであった。

今週公開される続編も、実に楽しみになってきました。
cnm532

cnm532の感想・評価

-
過去鑑賞
作った人と見る人の
気持ちの落差を楽しみました
>|