ケン太郎

犬ヶ島のケン太郎のレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.5
初っ端からウェス・アンダーソンの術中に見事ハマって、「この人たちは一体何を喋っているんだろうか」と、まるで犬になったような気持ちにさせてくれて、改めて人間はめんどくさい生き物だなぁと人事をあざ笑う。

西部劇を和風にアレンジしていて、まるで紙芝居でも見るかのように話の展開は見易さこの上ない。

犬たちの毛並みや表情が他のストップアニメーションでは類を見ないほど至極リアルで、牙を剥いて唸り声をあげたときは鳥肌がたった。

そもそもストップアニメーションというだけで、製作者には100%の敬意しかない。

観終わってすぐに思ったこと。

ウェス・アンダーソン監督を筆頭に、製作者の皆様、ありがとうございます。

p.s.

場内が明るくなって席を立つとき、初めてスクリーンに向かって感謝のお辞儀をしたくなった。