み

犬ヶ島のみのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.3
『ロストイントランスレーション』では日本語のわかってしまう我々には彼らに100%同調しきれない部分があったことが悔やまれたけど、本作では日本語わかってまったく問題なし、というか日本語めっちゃ笑った。わかってなくてもワンテンポ遅れでトランスレーションされるシステムは結構笑えるんじゃないかな。めっちゃありがたい映画だなと思いました。ウェス・アンダーソンの笑いのセンスは日本人の"間"の取り方にすぽっとハマるなぁ。
いまだに『ダージリン急行』がウェス作品のマイベストだけど、本作久々にかなり好きでした。

ただでさえ視覚からの情報量が多い同監督のストップモーション、日本語わかるゆえに情報がパンクして途中ちょっとしんどい。見ながらキャスト当てもするからかなり脳が疲れた。テンポも早いしね。
それにしてもブライアン・クランストンの声めちゃくちゃイケてんな……。エドワード・ノートンの扱いが急に雑になるとこ相変わらずで笑った。