Tom11

犬ヶ島のTom11のレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.9
なんだ、この独特な感じ
ウェス・アンダーソン監督の作品は恥ずかしながら、この作品で初めて見たが、これがウェス・アンダーソン節なのかな

ストップモーションアニメですが、完全に人形には見えないくらいの出来で、素晴らしかった
喧嘩のシーンのあの綿もいい感じだったし、所々人形劇な感じもあって、良かった

声優はほぼみんな良かった
キャストが豪華で声優だけでも楽しめるのは凄い
日本語の声優で少し違和感があったところもあったが、まあ違和感あるのには慣れてるし、外国人に寄せた日本語なのかもしれないと思いあまり気にしていないけど

メガ崎市が日本の昔の感じがあり、おもしろい街を作り上げた監督はすごいなぁ
架空都市でもすごい...
黒澤明映画の音楽や太鼓の音などがこの映画にマッチしていて、そこも良かった

所々がユーモアだらけでこれがウェス・アンダーソンらしさ?なのかと思い、最後まで楽しめる
ストーリーは少し映画あるあるな感じもあったりして、もう少し良い感じに仕上がったのかと惜しい気持ちもあるが、全体的には面白かった!