TOT

犬ヶ島のTOTのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.6
日本へのラブレターが無邪気さか意図か風刺や毒になる。
ゴミ、ヤクザ、対外排除。
黒澤や宮崎作品(ほかアニメ作品も?)だけでなく、楢山節考あたりも参照してそう。
ウェスの狂信的なまでのシンメや一点透視絵の中に配置される、ぎこちない人間の動きがそんなに得意じゃないけど、今回はパペットだからか抵抗なく観ることができました。
全体的に‪面白く観たけど、日本語の英語字幕がない部分はまだしも、英語実況と日本語音声が重なる時に英語実況が強すぎて日本語音声がほぼ聞こえないのは謎だった。
スポーツ実況とか、もっと両方聞き取れると思うんだけど、それくらいの音響バランスの方が良かったのではと思う。‬