nait

犬ヶ島のnaitのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.0
ウェス監督最新作は日本愛溢れる冒険譚でした。

オサレな作品撮る人で、コレまでもスゴいのは解るけど好きになれないタイプの監督でしたが、本作はだいぶ解りやすいとこまでハードル下げてくれたかな?

スタジオライカを引き連れて、失敗するはずのない豪華キャストの座組。
グレタ・ガーヴィグが一番おいしかったんじゃない?
キャラクター掘り下げやらストーリーやら映画的要素とウェス監督独特の世界観のバランスが、今回個人的にちょうど良いと感じた。

結構指摘される日本語と英語のバランスですが、字幕スーパー版ではさほど気にならなかった。
むしろイヌとヒトとの意思疎通表現としてはなるほど、上手いなぁと感心したし、そこを超えた感応と言うか繋がりもあるよね。ってとこもテーマだと思うし。

あとは黒澤明オマージュを始めとして、日本映画オマージュが凄まじかった。
あの曲はまんま使ってるし(笑)。

ただ、子供が解るか?と言われると疑問。
小学校高学年でギリじゃない?