naoki

犬ヶ島のnaokiのネタバレレビュー・内容・結末

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

あー、いいねー。やっぱりウェス・アンダーソンは偉大だなあ。いつも通り小気味良く進むストーリーと可愛い画作りとセンス抜群な選曲センス、軽いユーモアとライトな感動がバランスよく共存していて素晴らしい傑作だね。犬好きだし堪らなかった、、!

アンダーソン監督としてはファンタスティックミスターフォックス以来のストップモーションかな?と思うんだけど、今回もまたよく作ったなあ、と感心するような画ばっかり。ゴミ島とか本当にすごい、、そして犬が可愛い。
日本の描き方に関しては、まあ到底20年後とは思えないんだけど、黒澤明映画辺りの昔の映画を参考に、アンダーソン流の日本を作ったという話なので、そこはご愛嬌だよね。
何より画としては、シンメトリーなのが落ち着くなあ。

ストーリーはいつも通りのチャプター割りで進むんだけど、まず小林家の歴史の描写から入り、現代に飛んで、市長を務める小林市長の思想に歴史が反映されているという設定。
そんな先祖の時代から犬を忌み嫌う小林家の小林市長の一存で、市(県なのかな)が犬を全滅させようとするんだけど、動機付けが歴史のみというのが若干弱い気がしないでもない。そのせいで、ラストシーンでコロッと意見を変える部分があっさりしすぎに見えちゃうね。
まあでも、今作の肝はスポッツやチーフとアタリの関係性の方だったりするから、そこまで気にならないかな。

鑑賞前に気になっていた日本語セリフの聴きやすさもそこまで問題なかったし。主人公以外はみんな純日本人が演じていたみたいなので当然か。
ブライアン・クレンストンがチーフを演じるというのは、ブレーキングバッドファンとしては嬉しかったね。最初のぶっきらぼうなところから最後までとても良かった。

あとは全ていつものアンダーソン作品という感じ。最初のゴミが落ちてきたところの犬同士のやり取りとか、チーフとアタリのやり取りとか、ゴミ島のクレーンの描写とか、メインの犬4匹のやり取りとか、日本の細かい部分の描き方とか、まあ見所は尽きないね。
黒澤明作品とか観てたら、オマージュとか気付けたんだろうな、、
とはいえ、その辺観ていないとしても、笑ってちょっと感動する、観ていて楽しい傑作でした。