タラコフスキー

犬ヶ島のタラコフスキーのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.6
ウェス・アンダーソンの作る新たな人形アニメ、しかも架空とはいえ日本を舞台にした映画ということで発表されたときから楽しみにしていたけど、案の定日本の芸術や文化を取り入れたウェス・アンダーソン作品はこれまで以上に変わってて面白かった。

日本文化を「尊重(リスペクト)」して過去の作品以上に色々美術で小ネタとかぶっ込んでいたりしたせいで視覚的情報量が多かった印象だけど、頭の処理が中々追いつかなかったところもあったとはいえ見ていて面白い場面も多く、いつも以上に退屈とは無縁の時間を味わえた。

犬や人間の質感も凄いものがあって、特に犬の毛が風になびく様子とかよく表現できたと感嘆するばかりで、こういう生物を模したものに生命力があるように思える瞬間には毎度まさにこれこそアニメの醍醐味だと嬉しい気持ちになる。

登場人物の日本語が変な箇所も多かったけど、メガ崎市ってヘンテコな舞台のおかげでそれも味として機能しており、それが狙いかどうかはともかく言語の問題を上手く処理したなと感心した。

でもこれまでの作品と違ってキャラが犬も含め涙を流すシーンが多かったけど、これが感傷的なものが多い日本映画を皮肉った演出のようにも思えて少し複雑な気分になった。

あとキャッツ&ドッグスにしてもこれにしても、犬が主役の場合に猫が対する側に位置するのはちょっと損な役回りだなと同情してしまう。