USK

犬ヶ島のUSKのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.9
*ウェスアンダーソンによるクールジャパン戦略*

【字幕】日本語に被せる様に英語変換する通訳やアメリカの留学生視点がメインになっている点等あからさまに英語圏の人に向けた演出が多く、日本人はまずどう見ればいいのか困惑する。

【吹替】日本人声優も比較的豪華で違和感は無く、展開や状況が把握しやすく困惑する事なく思う存分世界観を楽しめる。ウェスアンダーソン監督の常連豪華俳優陣の音声を楽しめないのは勿体無い気がするが、吹替をお勧めする。

本作で日本人がまず気になるのは間違いなく、主人公「小林アタリ」や彼を取り巻く人物達の話し方だろう。日本昔話や黒澤映画を意識した敢えての話し方なら正解なのだろうが、終始耳に付いた。

然し乍ら太鼓少年や相撲、寿司作り等、本編には何ら関係ないシーンを挿入したり、ウェスアンダーソンの日本愛と共に日本の一風変わった伝統海外に発信したいという情熱を感じました。正にウェスアンダーソンによるクールジャパン戦略とも言える

個人的に好きな要素はまた別にあり、それは犬達による会話劇で、作り上げられた閉鎖的な社会の中で繰り広げられるウェス独特な会話劇は和みや安心感を与えてくれ、安定剤の役割を果たしている。この安定剤が彼が映画業界で長寿である理由だろう。