そらりす

犬ヶ島のそらりすのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.5
日本の漫画やアニメ、黒澤明作品の影響がベースにありつつ、軽快なリズムと平面的なシンメトリー配置、音楽により、奇怪な夢のような世界を作り上げています。

犬の中に日本犬はおらず、その造形の写実性が際立っていて、話す言葉は人間以上に聡明です。ジャパネスクな人間世界との合わせで、ある種の効果と意味を生みます。

アウトサイダーのセンスで作られたこの種の作品はインサイダーにとっては意図通りには味わえないものですが、同時にインサイダーにしか味わえないことも沢山あるでしょう。