つるみん

犬ヶ島のつるみんのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.2
ウェス・アンダーソン作品で1番好き。

誰にも真似できない、唯一無二のその感性で魅せるビジュアルにオープニングから惹き込まれること間違いなし。彼の才能によって描かれる日本は今まで誰も表現したことのないウェス・アンダーソンだけの日本国。
もともとのウェス・アンダーソン作品に加え、日本へのリスペクト。更には何処までも追求する美術的センスが重なり、正直視覚的情報のインフレが起こってしまっていたが、先日の『レディプレイヤー1』同様、円盤で視聴したら新たな発見が次々と見つかるような作品でもある。

『ファンタスティック Mr.FOX』以来のストップモーションアニメだったが家族の物語であり、その中でよく喧嘩する兄弟がいたりとウェス・アンダーソンの型は変わらず存在する。そしていつものようにシンメトリーなショット、からの紙芝居のようなカメラアングル。この手法が本作の雰囲気を作り上げていた事は間違いない。

それから日本人だからこそ分かる描写がたくさんあった。例えば大震災後を彷彿とさせる描写とか、核爆弾投下を想起させるような場面も。もっと細かい部分を言えば、料亭での握り寿司や、喧嘩をして砂煙が出る描写なども非常に日本的。もちろん犬たちは『七人の侍』でしたし、音楽も興奮しないわけがない。ウェス・アンダーソンの他作品に比べ、キャラクターの感情が豊かだったのは、これも感傷的な映画が多い日本映画へのオマージュなのか。

そこは流石に分からないが、とにかくウェス・アンダーソンは日本が好きで犬が好きという事が分かった。