掟破りなヨッシー

犬ヶ島の掟破りなヨッシーのネタバレレビュー・内容・結末

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

私を犬映画に連れてって。

まず、ベルリン国際映画祭銀熊賞おめでとうございます。

ウェス・アンダーソン監督、久々のストップモーション作品。前作『ファンタスティックMr.FOX』が個人的に大好き、そんな彼の最新作ということで公開初日、レイトショーで観てきました。

今から20年後の日本を舞台にしたワンダフル・アドベンチャー。犬を病原とした疫病が流行る中、架空の街・メガ崎市市長は人間社会から全ての犬を別の場所へ隔離することを議決。人間とごく普通の生活を送ってきた犬たちは、共食いをする狂犬がいるとされる無人島でサバイバルを強いられることに。そんなある日、犬だけが暮らす島に突如として1人の少年が訪れる。

所々主要キャラの話す日本語の扱いが雑なのもあり、日本への差別表現であると一部から批判されてますが、日本語を公用語をしてるのは日本だけ、外国人にとって外国語は何を言ってるのかわからない、それは当たり前のことのように思えます。異国間の言葉の壁をも社会問題の一部として捉えながらも、種別をも超えたクライマックスは見物。犬に限った話ではなく、混沌とする世界へのウェスなりの平和論。ストレートで響きます。

ウニ県メガ崎市、ワサビ毒というパワーワード、和太鼓の音が鳴り響くOP、北斎のような画調で描かれた絵巻、ウェスの考える日本があんなにパンクで色彩豊かなものだと思うと、やはり彼の独創性は他の監督よりずば抜けてると断言できます。

そして毎度感じるのが、ウェス作品は美術セットにかなり凝ってると思いますが、今回もストップモーションということでかなりのこだわりが見られました。日本人はなるべく日本人形のような簡潔なデザイン、犬は毛並みから再現して風でそよぐ際の細かな動きも描写。世界観を壊さないために落書きのように点在する日本語の数々。山盛りラーメン40円とか夢のようでしょw?

あと、横スクロールで魅せるアクションシークエンスは今回も登場。ファンタスティックでも見せた冒頭5分間のアクションは度肝を抜かれた。ただし今回は派手なアクションというより、ひたすら歩く、場面が切り替わるの繰り返し。圧倒されるようなものではなく、淡々と長回しでひたすら歩く姿が多い。果てしなき旅路を表現してるようでまた趣深い。

キャラクターの掘り下げがイマイチで、字幕が画面の一定の位置にとどまらず、色んな位置に表示されるので読みづらいという難点もあるのも確か。だからといって吹替の場合だと異国語による意志疎通の難しさが伝わらない。せっかく日本人は日本語で喋るのだから字幕版で問題ないと思います。そしてチーフ以外の犬が後半空気となるのは致し方ないか。マイノリティを排除する多数決主義が人間社会で取られていたようにチーフたちの間でも多数決ばかりがとられていて、こうした社会の縮図を犬社会においても同等に描くことが生命の平等性と同時に人間の狂暴性も露にされていた。そういう意味ではあの4匹は必要な存在ながらもそれだけに留まってしまったのはもう一捻り欲しかったところ。またEDも遊び心はない。コサックダンスのインパクトが再び訪れる日は来るだろうか。

独特の間の取り方やブラックユーモア、時折見せる暴力性がこの監督が好きな理由の1つですが、期待するもの、好きなものが詰まった娯楽作として申し分ない出来。日本愛(というより偏見?)溢れる描写の数々が愛らしく、ウェスの脳内を観察してるような感覚。今、世界で1番、独創性や意外性のあるものを生み出せる監督は彼の他にいるでしょうか?そんな彼の自信と愛情に満ちたストップモーションアニメは日本文化だけでなく、現代社会の縮図を表したメタ表現も豊富。撮りたいものを撮ったといわんばかりの、ウェス色全開の最新作は観る者を不思議な世界へと連れていってくれるでしょう。

個人的にはあの狐が好みでしたが、本作も期待に応える出来でした。新作が楽しみですね。

この作品を生み出したウェスに乾杯!

いよ~~~👐、パンッ🙏!!!

ありがとうございましたーー(棒)


エンドロール、スペシャルサンクスの1人にジョン・カーペンターの名前があるわ、黒澤明映画のBGMが使われるわ、しれーっと、山田孝之出てるわ、映画愛に溢れるサプライズは忘れてないみたいです。。。