movieman

犬ヶ島のmoviemanのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.3
色々な意味で開いた口がふさがらない。
またクセの強いのを作ってきたなと。
とにかく日本のアイデンティティを詰め込みまくっている。相撲、一本締め、寿司、武士、俳句などなど。そんな日本を誇張しすぎな気もするが、そこまでしたからこそ凄まじく独特な世界観が生まれたのだろうとも言える。
「甘辛い」や「キモかわいい」などのような、なんとも言えない後味が残るウェスアンダーソンらしい作品。
話どうこうよりも細かに作られた人形の動きに脱帽。