えいがドゥロヴァウ

犬ヶ島のえいがドゥロヴァウのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.2
ウェス・アンダーソンが好きでI Love Dogsな自分なので贔屓バリバリにはなりますが

監督の日本に対する愛とリスペクトは些か誇張された形で表象し
またそれが監督の独自的な世界観を創り出しています
或いはファンタジーとして完成されたクールジャパン、と言えましょうか
主人公のアタリ少年を始めとするキャラの日本語の違和感はこれもまた確信犯で
現実とファンタジーの境を殊更に強調しているように思えました
彼の映画においてはすべての技術や技法はフィクションを構築するために存在し作用しているのですね
ストップモーションアニメの表現も引き続き追求されていて
本作では1本1本植毛した犬たちの毛の動きの拘りが物凄かった
ただ、それがリアルかと言ったらまた別で
あくまでもフィクションとしての世界観を補強する役割に終始していて
つくづく監督とストップモーションアニメの相性の良さを感じさせます