赤足

犬ヶ島の赤足のレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.0
「グランド・ブダペスト・ホテル」や「ファンタスティックMr.FOX」でストップモーションアニメの新境地を開拓した!ウェス・アンダーソン監督の最新作は、なんとも不思議な世界観と日本愛が伝わってくる犬と少年のストップモーションアニメ「犬ヶ島」

近未来の日本を舞台に。ドッグ病が蔓延するウニ県メガ崎市で、全ての犬をゴミ島(犬ヶ島)へ追放と隔離をする小林市長!愛犬を助ける為、単独島に向かった少年と犬が力を合わせて反旗を翻す物語となっている。

兎に角、ストップモーションアニメらしからぬ滑らかな動きと膨大な情報量と日本をリスペクトした小ネタの数々は半端なく(笑)日本LOVE♡のアンダーソン監督らしく黒澤明や浮世絵などからも様々なオマージュがされており、それだけに留まらず現代社会の腐った政治や汚職、臭いものには蓋をしろ的な社会に対する痛烈な風刺も下地になっていたりと抜かりなく

そして黒澤明から強いインスピレーションを受けて作られたと言っていたほどに、少年と犬を含む7人の侍が腐った大人へと立ち向かって行く姿は勇ましく興奮し、少年と犬との友情場面などはウルっと涙腺にくるなど、かなり濃い内容とストーリーは中毒性が高く、何度も見返しては新しい発見がありそうな作品でとても素晴らしかった。


P.S.
情報量がかなりある為、吹き替え版で見るとより一層わかり易いかもしれない。