円柱野郎

犬ヶ島の円柱野郎のネタバレレビュー・内容・結末

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

日本の大都市・メガ崎市。
小林市長がすべての犬をゴミ島へ追放する法令を制定してから数か月後、市長の養子・小林アタリが島に不時着する。
彼は追放された彼の護衛犬スポッツを探しに来たのだが…。

ウェス・アンダーソン監督の作家性が全面に出た演出は本作でも健在。
正面映像、左右対称、横スライド、そして独特なテンポはこれぞウェス・アンダーソン・ワールドって感じ。

その上で、本作は日本を舞台にした犬と少年のおとぎ話である。
日本人としてはこの上なく気になる題材だけど、外国人が想像する日本を意図的に作っている感じもする絶妙な世界観だよね。
舞台は20年後ということだけど、どことなくレトロフューチャーな感じもあり、その不思議な雰囲気が監督の演出にマッチしていて面白い。
そこに過去の名作映画へのオマージュも多々練りこんできていて、特に日本を舞台にしているからということもあるんだろうか、黒澤明作品へのリスペクトがあちこちに散りばめられている様に感じる。
パンフォーカスを使ったキャラ配置や、稜線に現れる何者かの影、市長の見た目は権藤金吾か、そして「七人の侍」をそのまま引用した劇判w
こりゃ監督は楽しんでやってるよなあ。
ただ日本人の目で観ると、おそらく本来は記号的な存在でしかない日本語の文字列(または台詞)が全て情報として入ってしまうので、少し画面がうるさいと感じることもある。
まあこればっかりは仕方のない事ではあるが。

ゴミ島に追放された犬たちの姿は移民排斥のメタファーなのだろうかとも思ったし、政治的な主張も感じなくはないけど…考えすぎかな?
それはともかく監督の唯一無二の独特な作品世界(しかも舞台が日本)を味わえること自体が幸せなのだ。