きたるな

犬ヶ島のきたるなのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
5.0
一言感想「2018年ベスト級の映画」

近未来の日本、犬インフルエンザが流行するとある架空都市では
犬を島流しにする行政の命令が実行された。
ゴミだらけの孤島でたくましく生きる犬たち、そこに一つの飛行機が不時着して…という話。

信頼できる監督ウェスアンダーソンの
最新作はストップモーションアニメ。
舞台は日本。監督の若干暴走している日本愛が炸裂した狂気の犬アニメである。
巨匠黒澤監督のオマージュをあちこちに散りばめていて
七人の侍のテーマ曲までてらいなく流れる。

とにかくカメラワークの天才的な展開。
どうやってその発想したんだろうって思うくらい、カメラの回しかたが凄まじい。
紙芝居のような平坦な画なのに、立体的な躍動感がある。
特に寿司弁当のシーンは圧巻。あんな画みたことない。ため息でた。

犬との友情劇も泣けるし
壮大なポリティカルサスペンスもあるし
シュールなギャグもキレキレだし
(あのタイミングの一本締めで爆笑)
本当に素晴らしい映画を見ました。
めちゃくちゃよかったです。