sato4

犬ヶ島のsato4のレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.2
ウェス・アンダーソン監督らしい情報量の多さに冒頭から惹き込まれる。日本を舞台にしたストップモーションアニメと聞くと良作『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が思い出されるが、こちらの方が良い感じに狂っていて(褒め言葉)好きモノには堪らない。監督の作品で度々出てくるシンメトリーな構図も相変わらずキレッキレ。個人的には、舞台の「ウニ県」「メガ崎市」という地名がパワーワード過ぎてセリフで出てくるたび笑った。主人公の小林アタリをはじめ、一部日本語が聴き取り辛いキャラクターもいるけれども、そこも含めて好き。犬たちの熱演(ストップモーションも込み)も素晴らしかった。