ゴン

犬ヶ島のゴンのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.1
思わず顔がにやける映画体験…。いや、でも変な映画だよ。
太鼓のビートは嫌が応にもアガる!七人の侍のテーマが流れたのはわたしにもギリ分かった。丘の上を連なって歩くとビジュアルとかも、なんとなく既視感。オマージュとリスペクトとロマンチックな景色をパンパンに詰め込んだ、トリップ感つよめの映画です。
人形の質感というか、立体感のあるビジュアルもたまらん。博物館にある絵や模型が動き出したみたいな。トキメキがずっと止まらなかった。
それから、ストーリーに関しては、なんだか煙に巻かれたような、狐につままれたような気持ちですよ…。基本的に目が節穴なので、画面の情報量が多すぎてパンク寸前だった。吹替でも見るべきか〜〜!?!?